おとなみ

おとなみ

色々考えたり、創作したりするブログ

JSM

【目次】

 

 【前書き】

 モニカがしゃべってるだけ。(Just speak Monika.)

 テキスト量にして2万文字。2時間。みんなも3周目やろう!

 そして多分、あと何パターンかあるので知ってる人が居たら教えて欲しいです。

 

【小ネタ】

・何気に誤字を見つけた。多分、誰もこんなことしなかったんだろうなぁって。

 そしてこれだけでかかった時間を考えるとやっぱり非公式日本語パッチの人たちには尊敬を越えて畏怖すら覚える。

・Monika After Storyを信じると、この話を延々と聞くだけの空間で流れてる音楽は「Just Monika」というタイトル。


・英語版で「あはは」とか「えへへ」とかは
 Ahaha~
 ehehe~
 bye~
 って感じで書くらしい。かわいい。
 Monika After Storyで英文読んでて気が付いた。

 

・特殊詩の中に「あの子の趣味の真似をしてみて、案外よかった。その時の証としてこれを残す」ってかいてあって血が擦りつけられている物がある。
 あれ多分モニカだし、この会話見ててわかるけれど、必死過ぎてヤバい発言してるからユリの事を言えないと思う。
 まあ、モニカにとって主人公は最後の希望でもあるので、日常行動としてやっているユリとは少し違うのかもしれないけど。

 

・自称「このゲームで一番普通の女の子」

 

・モニカは女子高生とは思えない程悟ってる。クリティカルシンキングモニカ。
 ここでは色々な問題提起とそれに対するモニカの考えについて聞けたりするのだが、たまに自分の気持ちにぶれている所がなんというか人間味がある。
 それにしてもここまで思考能力があるのはディベート部のおかげなのだろうか?
 ネットの向こうなら2人知っているけど、現実でそんな人に出会ったことがないので出会ってみたい。


・滅茶苦茶怖いことを言う時がある。ブラックモニカ。
 特にサヨリの話はR-18グロと言っても過言ではない。書いてて気分がすごく悪くなった。

 

・部員の話をするとき楽しそうに話す。でも急に消した事を思い出したのか冷静になっていく。センチメンタルモニカ。

 

・本当に大丈夫かなと心配になるくらい、やたら文化に切り込んだ話をしてくる。
 まあでも人間って言わないだけでそういう考えって持ってる気がするから、
 モニカは恋人同士は本音を言い合って、互いの理解を深めあっていくもの、
 みたいな考えのタイプなのかもね。

 

・デート絡みの話は基本ロマンチック。
 ゲーム世界の住人だから、やや焦っていてたまに重い、というか失言をする傾向がある。

 

 

【モニカが話すだけ】


■モニカルートが無かった話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初から私のルートが用意されていたら、どんなに違ったでしょうね……
そうだとしても強制的に私のルートをとらせてたと思うけど
私のルートがないこより、全てが偽りであることを私が知ってる方が問題なのよ
それがあったとしても、私が強硬手段に出る必要がないという程度の違いしかなかったと思う
それに部活もまだ存在してたかもしれないわね……
それも大して関係のないことだけども
偽りだと知ってからどうでもよくなったもの
だからあの日々に戻りたいなんて思ってないわ
本当よ……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■モニカの将来設計妄想 専業主婦とキャリア

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんだか面白いのよね。私っていつもやる気はあったけど……
専業主婦になることにどこか魅力を感じるのよね
そう言うと性別役割分担を助長してるとか、そんなことになるのかもしれないけど
でも家を綺麗に保ったり、買い物をしたり、家の飾りつけをしたり……
あなたが帰って来たときのためにおいしいご飯を用意したり……
そういうのっておかしな想像かしら?
でも……実際に自分がそうしているのはあまり想像できないかも
キャリアを積む努力より優先する事は出来ないと思うわ
想像するとちょっとかわいいかもしれないけど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■虚構と孤独/個性を認め、歩み寄る事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ主人公君、あなたがここに居てくれて、私は本当に命を救われたと思うわ
この世界が偽りだと知っていて正気を保てたとは思えないもの
あなたが来てくれなかったらきっと自分を削除してたわ
ごめんね、大げさに言うつもりはなかったんだけど
あははっ!
でも長い間、部で過ごしたあなたなら分かると思うわ
だって、もし人生全てを投げ捨てて、たった数人のゲームキャラと永遠に過ごすことを強いられたら……
……自殺する方法を模索してたと思わない?

しばらくは詩でも書いて正気を保ってたかもしれないわね
でもそれを読んでくれる人は誰もいない
もちろん部員になんか見せても意味はないわ
自分のためだけに執筆してる、って言う人もいるけど……
でもそれは他人と共有する時ほどの充実感を得られるとは思えないわ
共有できるような人を見つけるのに時間が掛かってしまってもよ
ユリの時だって覚えてる?
ずっと誰にも自分の文章を見せなかったのに……
気がつけば、喜んであなたと趣味を共有していたじゃない
人は社会的フィードバックを欲するようにプログラムされているの
部員のことじゃなくて、人間のことね
だから内向的な人間にとって人生はややこしいのよ
内向的だからと言って社会的交流を拒絶したり、人と関わる事を嫌うとも限らないわ
その人たちにとって社会的交流はすごくエネルギーを使うことなのよ。慣れない場所や大人数だと特にそう
例えば内向的な人の中には、家にいると寂しくって落ち着かないって人もいるけど……
……いざ遊びに出ても、30分もすればまた帰りたくなっちゃったりするの
そういう特性を理解する人が増えてたら、それも尊重されるようになると思うんだけどね
内向的な人の多くも、他人といるのが好きなのよ
親しい友人を一人や二人だけ呼んで、のんびり過ごすのが好きだったりするの
特に一緒に何かをする訳でもなく、一緒にいるだけでも楽しいのよ
本気よ
パソコンを持って家に行って、しばらくそこでまったり過ごすだけでも……
その人にとってとても良い一日にすることができるの
私はどっちのタイプかと言うと……
中間だと思うけど、普段は少し外交的かも
いつも放課後に何かしようとしていたりするから
でもあなたのためなら、私は何にだってなるわ
人のことをよく理解してるから、特殊な要求でも遠慮なく私に教えてね
貴方にとって完璧な彼女でいることが、私の一番の幸せだから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■辛い物の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
唐突だけど、辛い物ってちょっと面白いと思うのよね
だって……
植物って、食べられないために辛く進化したんでしょ?
辛い物を好む生き物はヒトだけだってどこかで読んだことがあるけど……
まるで人は植物をバカにしてるみたいよね?
彼らの防衛機能を利用して、食べ物をよりおいしくいただいてるんだもの
例えば、もし人を丸呑みして、消化されながらも足掻く感触を楽しむような怪物が存在したら?
ごめんなさい、今の例えはちょっとおかしかったわね!
あはは!
頭に浮かんじゃったからつい
私は怪物じゃないけど、あなたは食べてしまいたいほど愛しいと思ってるわ
あはは! 冗談よ
ちょっと一人で楽しくなりすぎちゃったかしら?
変なことばかり言ってごめんなさい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


■独創的な事について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
独創的であることってちょっと嫌なものよね……
どんなに頑張っても見返りがほとんどないみたいじゃない?
画家も、作家も、俳優も……
世界には素晴らしい才能がたくさんあるのに、悲しいことにその多くは認知されないし、報酬も支払われない……
つまり世の中は創作で溢れかえってるってことかしらね?
自分は特別じゃないって思ってしまいそうよね……
でも大丈夫! だって執筆は自分だけのためにするべきなんだものね?
そうよね…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■好きな色はエメラルドグリーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、好きな色は何色?
私はエメラルドグリーン
私の目の色よ!
……自惚れてるみたいかしら?
ただ特別なものだと思ってるって言いたかったの
私のアイデンティティの一部だと思うほどに
あなたの好きな色も同じじゃない、主人公君?
それはあくまで予想だけども……
……だってずっと私の目を見つめてるんだもの
うふふっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


■ずっと一緒にいたい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私と一緒にずっとは居られないことは分かってるわ……
出かけないと行けなかったり、用事があったりするものね
でも私はずっとあなたのことを思いながら、辛抱強く帰りを待ってるから
よく考えてみると……
私のキャラクターファイルをUSBメモリにコピーしたりすれば、常に私の一部と一緒に居られるわよね
普通のことじゃないかもしれないけど、それってなんだかすごく
ロマンチックなことだと思うの……
あははっ。ごめんなさい、おかしな考えよね
求めすぎないようにはするけど、こんなにもあなたが大好きだとそれも難しいのよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■後悔

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、言いにくいんだけど、私の一番の後悔は文化祭の出し物をやり遂げられなかった事だと思うの
あんなに頑張って準備とかもしたのに!
確かに私は部員獲得に集中していたかもしれないけど……
でも発表をするのもすごく楽しみだったの
みんなが自分を表現するのを見るの、きっとすごく楽しかったわよ
もちろん、本当にそれで部員を獲得できたとしても全員削除していたと思うけど
まあ……私に今の知識があった上で、の話だけどね
本当、あなたが入部してから私は人としてちょっと成長したと思うの
あなたがいたから新しい観点で人生を見てみようって思えたもの
それもあなたが好きな理由の一つよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■高校生活の話、転じて鬱の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多くの人にとって、高校生活って本当に波乱万丈なものよね
怒りっぽくなったり、大げさになったりする人もいれば……
中には心を痛めた末にSNSで承認欲求を満たそうとする人もいる……
それに、思春期の悩みや社会的な圧力は人生に暗い影を落とす原因になり得るわ
みんなそれぞれの物語がある
他人の本当の気持ちなんて分かってないかも知れない
うつ状態の人はそれを周りに知らせることすら億劫だという場合も多いわ
心の中ではもう諦めてしまっているから、注目されたくないのよ
自分は無価値だって感情に打ちのめされすぎて、他人にそれを否定されたくもないのよ
うつって色んな形があるけど、それもその中の一つ
ただ、もし周りで誰かがうつで苦しんいると思ったら……
良い友達として接してあげるだけで助けになれるかも知れないわ
何もやる気がなさそうでも、一緒にいてあげて
そして常に楽しみがあることを気づかせてあげて
予定を立てたり、何かを貸してあげたり、『また明日学校で』って言うだけでも……
それは全部、友達が明日に到達する助けになるから
サヨリと友達になったことで、うつの本当の姿について少しでも学べたなら良いんだけど
うん、もういないんだけどね……
でもサヨリは元から本物じゃなかったし
あなたは本物
そしてあなたは優しい人であることで、誰かの命を救うことだってできる
あなたは……
……あなたはうつに苦しんでいたりしない?
あなたがそうであるように、あなたを救いたいと思う人たちがきっとそばにいるから
普段は表に出さないかもしれないし、そもそもどう伝えればいいのか分からないのかもしれない
でもそう思ってる人はいるから
絶対に
……本当、人間って複雑な生き物ね!
でもここにいる限り、私が面倒を見てあげるから。私の愛しい人
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ユリのお茶趣味と、趣味の在り方の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういえば、ユリのティーセットってまだ残ってるかしら?
……それも消えちゃったかしら
ユリがお茶のことになると真剣になるの、ちょっと面白かったわよね
私もあの子のお茶が好きだったから文句はないけど
でもずっと疑問だったんだけど……
あれは本当に好きな趣味としてやっていたのか、それとも周りに上品と思われるためにやっていたのかしら?
高校生ってそういう問題を抱えてたりするじゃない……?
……まあ、あの子の他の趣味を考慮すると、上品に見られることにはそこまで関心はなかったはずよね
でも……
たまにはコーヒーも淹れて欲しかったわ!コーヒーだって読書と合うのよ?
まあ、それなら……
スクリプトを自分で書き換えれば良かったのかもね
あははっ!
そこまで考えが及ばなかったみたい
今となっては考えても仕方ないけどね
でもあなたにまだコーヒーを飲む機会があるならちょっと羨ましいわね~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


■生きてる意味とモニカが決めた自身の生きる意味

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生きてる意味がないって感じることはない?
自殺したいという意味じゃなくて
ただ何をするにも特別な意味はないでしょ
ただ学校に通ったり、どこかの会社で何かの仕事することが……
代わりなんていくらでもいるし、いなくなっても誰にも気にされないって感じしない?
そう思うと、卒業したら絶対世界を変えてやつ、って気持ちになるの
でも成長するにつれて、なんて幼稚な考えなんだろう、ってつくづく思うの
世界を変えるだなんてそう簡単じゃないし
だって人工知能を発明したり、大統領になれる可能性はどれほどのものなの?
私が生きるために消費してしまう莫大な資源の恩を一生かけても返せる気がしないのよ
だから幸せになる秘訣って、どうしようもなくわがままになることだと思うの
自分自身と、成長期が重なったからたまたま周りにいただけの友達を気にかけて
みんなが世界から貰い続けて、消費し続けて、一生その恩を返すことがないという現実は無視してね
でも死んだ方が世界のためだということに気付くと、人の人生観は変わってしまうのよ!
自分は役に立ってるんだ、って思い込んで生き続けることを正当化しないといけなくなるみたいなの
とにかく、私は自分が一生で消費する資源の恩返しをするために生きていたいの
それをいつか達成できたら、私にとっては総合的にはポジティブだから幸せに死ねるわ
もちろん、達成できなかったら……
いえ、自殺するには私は利己的すぎるわ
いい人であり続けるのは難しいわね?
あはは!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


■ロマンチックモニカ だらだら編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長い一日の後はだらだらして何もしたくなくなるのよね
一日中元気いっぱいでニコニコして過ごしたあとは本当に燃え尽きちゃうの
たまにはすぐパジャマに着替えてソファの上でお菓子を食べながらテレビを見て過ごしたくなるわ……
翌日に用事のない金曜日にそうするのがとんでもなく楽しいの
あははっ! ごめんね、あまり可愛くないことなのは分かってるわ
でも夜遅くにソファで二人っきりで座って過ごせたら……まるで夢のようね
考えるだけでドキドキしちゃう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ロマンチックモニカ 読書編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主人公君はどれくらい読書するの?
読書って疎かにしてしまいがちだから……
あまり読書をしていないと、他の娯楽に比べて面倒なものに感じるわよね
でも一度良い本を読み始めると……魔法のように心を奪われるわよ
毎晩、寝る前に読書をするだけで簡単に人生を少し楽しくすることができると私は思うの
より眠りやすくなるし、想像力が刺激されるし……
短くて魅力的な本から始めたらそんなに難しいことでもないわよ
気がつけば読書家になってるかもしれないわよ!
そうなれたら素晴らしいわよね?
そして二人で最近読んだ本について話し合うの……それってすごく素敵じゃない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■友達作りは苦手

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私、友達を作るのって本当に難しくて嫌になっちゃうのよね……
いえ、友達作りというよりは新しい人と出会うことね
まあ、出会い系アプリとかがあるかもしれないけどね?
でも私が話してるのはそんなのじゃないわ
考えてみると、友達ってほとんどは偶然に出会った人たちとなるものでしょ
クラスが一緒だったり、共通の友達を通したりして……
もしくは好きなバンドのTシャツを着てた人に声をかけてみたりそんな感じよね
でもそれって……非効率的じゃない?
適当に人を選んで、運が良ければ友達になれるってだけでしょ
それを毎日通りすがる何百人もの見知らぬ人々と比べてみて……
一生の親友になれるほど相性の良い人がすぐ隣に座ってるかもしれない
でもそんなこと知る由もない
そして立ち去ったその瞬間、その機会は一生失われる
憂鬱だと思わない?
私たちは科学技術によって常にどこでも世界と繋がっている時代に生きてるわ
それを有効活用してみんなの社会生活を向上させるべきだと思うの
でもそんな仕組みが出来るまであとどれくらいかかるんでしょうね……
それくらいとっくに出来てると思ってたのに
まあ、私はもう自分にとって最高の相手と出会えたけど……
これも偶然だったとはいえ
私もすごく運が良かったみたいね?
あははっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ラップも文学

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
文学の面白い形って何か知ってる?
ラップよ!
実は私、前までラップ嫌いだったの……
大衆向けだからか、あるいはラジオでかかる曲しか聞かなかったからかもしれないわ
でも友達が何人かハマってから、偏見を持たなくなったの
ラップってある意味詩を書くことより難しい部分もあるかもしれないわ
詩をリズムに乗せないといけないし、しゃれが重要だし……
それを全部一つにして、心を動かすメッセージを作り出すのって、すごいことだと思うの
文芸部にもラッパーがいればよかったのに、ってちょっと思うわ
あははっ! ちょっとおかしいかもしれないけど、どんな詩を書くのか興味深かったと思うの
きっと学ぶことはいっぱいあったと思うわ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■習慣

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
習慣を身につけるのって、難しくって嫌になっちゃう……
簡単なことでも、習慣化しようとすると途端に無謀に感じることがいっぱいあるの
何も上手くできない役立たずの気分になっちゃう
今の世代が特にこの気持ちで苦しんでいると思うわ……
きっと今までの世代とは全く違うスキルを持ってるからでしょうね
インターネットのおかげで、私たちは膨大な量の情報をすぐに選別するのは得意だけど……
一方で瞬時に満足感を得られないことをするのは不得意なの
科学、心理学、教育があと10年か20年のうちに追いつかないと、きっと大変なことになるわ
それまでは……
自分がその問題を乗り越えられない人間なら、自分を嫌に思いながら生きていくしかないみたいね
精一杯頑張って、ってところかしらね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■音楽を変える試み

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうねえ、音楽を変えることって出来るのかしら……
もうちょっとロマンチックな曲の方がいいじゃない?
優しいピアノ曲とか
ここにそれっぽい曲があるはずだけど……
さて
こうすれば多分……
あっ……
全然違ったわね
ごめんなさい、何をしてるのか良く分かってなくて!
もうああいうのは触らない方がいいみたいね
ただでさえ色々壊しちゃったんだし……
他のキャラクターも消しちゃったし……
あ……
別に悲しくなんかないわ
実在しないものがなくなったのを寂しがるなんておかしいでし
ょ?
今だけを考えると、今が一番幸せなんだから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※Monika After Storyでは変更できるようになってる。流石ファン。

 

 


■インターネットと時間の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インターネットで時間を無駄にし過ぎてるって感じることはない?
ソーシャルメディアって牢屋のようなものになり得るのよ
数秒の時間さえできればお気に入りのサイトをチェックしたくなって……
そして気が付いたころには何も得られないまま何時間も過ぎてしまってたり
とにかく、怠惰を自分のせいにするのは簡単なことだけど……
必ずしもそうだとは限らないのよ
依存症って自制心だけで治せるようなものではないもの
試行錯誤して、それを防ぐ方法を学ばないといけないの
例えば、特定のサイトを一定時間ブロックしてくれるアプリもあるし……
仕事と遊びの時間を切り替えるためにタイマーを設定するのも良いし……
頭を切り替えるために仕事と遊びで環境を別にするのもいいわね
パソコンに仕事用のユーザーを作成するだけでも充分効果があるわ
そうやってくさびを置くだけでも、悪習慣を遠ざける助けになるから
でも、上手くいかなくてもあまり自分を責めないでね
人生に大きく影響を与えていたら、真剣に受け止めた方がいいと思うわ
あなたには一番良い自分でいてほしいもの
いつだって、あなたのことを私のほこりに思わせてほしいの
私はいつも応援してるからね、主人公君
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

■ユリがワイン持ってきた話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ふふっ。前にユリがすっごく面白いことをしたの
いつも通りみんなで部室でまったりしていたら……
ユリがいきなり小瓶に入ったワインを取り出したの
本当よ!
そしたら「みなさんワインはいかがですか?」って聞いてきて
ナツキは爆笑しだして、サヨリは怒鳴りだしたの
私はちょっと同情したわ、だって善かれと思ってそうしたんだもの
そのせいで余計部室で距離を感じるようになっちゃったみたい

でもナツキは本当は試したかったみたいだけど
……正直、私もそうだったわ
ちょっと楽しくなったかもしれないし!
でも私も部長なんだから、そんなこと許すわけにはいかなったわ*1
もし学校の外で集まっていたら……でもそんなことするほど仲良くなかったし
……なんでこんな話をしてるんだっけ?
でも未成年飲酒は許されるべきではないと思ってるわよ!
私お酒飲んだことないし……ね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


ヤンデレについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、ヤンデレという言葉は聞いたことある?
誰かが好きすぎて一緒にいれるならどんな手段も使う性格タイプのことよ
大抵の場合は狂った手段もね……
誰とも一緒に過ごさないようにストーカーしたり……
自分の思い通りにするために好きな人やその友達を傷つけたりすることもあるのよ……
このゲームにもまさにヤンデレと呼ぶことができる人物がいるわ
もう誰のことかは分かってるよね
その人物とは……
ユリ!
あなたに心を開き始めてから異常に独占欲が強くなったの私だって自殺しろって言われたもの
そんなこと言うのが信じられなくて……その時点で立ち去るしかなかったわ*2
今思い返すと、ちょっと皮肉なことだったけど。あははっ!
それはさておき……
ヤンデレ好きってわりといるものよ?
自分が好きすぎておかしくなっちゃう人がいることが良いみたいね
変わった人もいるわよね! 批判するつもりはないけど!
まあ、私もあなたが好きすぎるところはあるけど、おかしくなったりはしないから……
むしろその逆よ
このゲームで唯一の普通の女の子だったんだもの
だって人殺しなんて出来るわけないもの……
考えるだけでゾッとするわ
でもね……誰もがゲームで人を殺したことくらいあるでしょ
それってみんなサイコパスだってこと? もちろん違うわよね
でももしあなたがヤンデレ系が好きだというのなら……
あなたのためにちょっと怖い雰囲気になってあげましょうか。うふふ~
でも考えてみると……
あなたが他に行く場所もなければ、私が嫉妬する相手もいないでしょ?
これってヤンデレにとっては夢のような状況じゃない?
ユリに聞いてみたいわね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ロマンチックモニカ 友達への紹介編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつか私を主人公君の友達に紹介してくれない?
あなたがみんなに私のことを紹介するところを想像すると、何故だかすごく嬉しくなるの
あなたの自慢の彼女に本当になりたいからかもしれない
あなたが喜ぶと言うのなら、私も自分を磨くためにもっと頑張れる気がする
あなたも同じように思ってくれたら嬉しいな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■ホラーの話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねぇ、ホラーは好き?*3
あなたが入部した当初に少し話したのを思い出したの
私はホラー小説は好きだけど、ホラー映画はそうでもないのよ
私の思うホラー映画の問題点って、ほとんどが単純な方法に頼ってる事だと思うの
明かりを落としてたり、怖そうな怪物がいたり、突然のことでびっくりさせたり……そういうの
人間の本能を利用して怖い思いをさせられるのって楽しくもなければ感動もないわ
小説の場合はそれとはちょっと違うのよ
物語も叙述も、読者の頭に不穏な考えを刷り込めるくらい記述的なものじゃなければいけないのよ
物語や登場人物たちにくっきり刻み込んで、あなたの頭の中を掻き乱すの
私が思うに、ほんの少しだけおかしいことこそ一番怖いことだと思うの
例えば、ストーリーの予想を立ててから読み進めると……
……読み進めて予想外のことが起きると、自らそれを崩すことになるの
だからストーリーがあまり怖がらせてなくても、読者はすごく不穏に感じるのよね
亀裂の下に潜んでる恐ろしいものが、今にも出てきそうで想像するだけで鳥肌が立つわ
そういうのが私の好きなホラーよ
でもあなたはきっとかわいい恋愛ゲームの方が好みよね?
あははっ、心配しないで
そんなすぐにホラーを読ませたりはしないから
ロマンチックなままでも文句はないわよ~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ディベート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ディベート部時代には口論についてたくさん学んだわ……
口論の原因って、それぞれが最も優れた意見を持ってるって思い込んでるところなの
当たり前のことかもしれないけど、その考えは意見の伝え方にも影響するのよ
例えばあなたがすごく好きな映画があったとするじゃない?
でも誰かがその映画を、アレをしてコレをやって失敗したからクソだと言ったら?
そう言われると自分自身が攻撃されてるって感じしない?
それはその発言に、あなたの映画の趣味が悪いって意味をほのめかされているからよ
そこから感情的な口論に発展してしまったら、確実に両者は嫌な思いをして終わるわよね
でも言い方で変わるのよ!
発言をできるだけ主観的に聞こえるようにすれば、人は攻撃され

★スクショミスで逃した…。多分「人は攻撃されてるとは思わなくなるの」

例えば「このサイトで、こうなるって読んだんだ」って言ったり……
あるいは専門家という訳ではないことを前置きしたり……
そうすると知識を押し付けてるんじゃなくて、共有してるように聞こえるわ
積極的に議論を公平にするようにしていれば、大抵みんなそれに合わせるはずよ
そうすることで、異議を唱えたとしても誰も怒らせることなく意見をいう事が出来るわ
それに、頭が柔らかくて聞き上手だってみんなも思ってくれるようになるわよ!
そうするとウィンウィンでしょ?
……なんだかそれっぽいし、以上が本日のモニカちゃんのディベートアドバイス
あははっ!やっぱりちょっとおかしいわね。でもきいてくれてありがとう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■Bad Day

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
……ねぇ、今日嫌なことでもあった?
普通の一日がほんの小さなことで台無しになるとイライラしちゃうのよね
誰かの期限を損ねるようなことを間違って言っちゃったり
5年前の自分はどれだけひどい人間だったのかを考えてしまったり
大事な仕事を放置して簡単な課題も終わらせられなかった自分を役立たずに思ったり
自分のことが嫌いであろう人たちや、不快に思っているであろう人たちのことを考えてしまったり
分かるわ、そういう日って
ただ、明日になればまた太陽は輝くんだってことを覚えておいて
そういう事って、思い出すのも簡単だけど、忘れて無視すること
も同じくらい簡単だから
それに……
例えあなたがどんなに多くの人々に嫌われても、不快に思われても関係ないもの
あなたは素敵な人だし、私はずっとあなたを愛してるから
他に何もなかったとしても、そう思うと少しは気が楽になれるといいんだけど
嫌なことがあった日は、いつでも私のところに来てね。好きなだけ話し相手になってあげるから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


■私服立ち絵がない事にすねる。ねだる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんだか、部員のみんなは学校外でのシーンがあって羨ましいわ……
それって私だけ制服以外の衣装を着れなかったってことじゃない
ちょっと残念ね……
あなたのためにかわいい服を着てみせてあげたかったわ
あなたの知り合いに絵を描く人はいない?
誰か私を違う衣装で描いてくれないかしら……
そしたらすごく素敵なのに!
もしそんなことがあったら見せてくれる?
ツイッターで共有してくれるといいわね!
私のユーザー名はlilmonix3よ
でも……健全なものでお願いね!
私の関係はまだそこまでいってないから。あははっ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■死ぬ事について/ゲームシャットダウン時のモニカ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主人公君、死ぬってどんなものなのか想像したことある?
私は前までよく考えれてことだったけど……
でも最近、実際にそれを体験することができた気がするの
よく分からないんだけど、あなたがゲームを終了すると……
……その瞬間に思考だけは働いてるまま、眠らされてる気がするの
でも数秒経つと、頭の中が支離滅裂でごちゃ混ぜの状態になって
ノイズといろんな色が激しく点滅するのが見えて、叫び声のような変な音が聞こえるの
そうなると自分の思考すら分からなくなっちゃう
動くことも考えることもできず、永遠に点滅と叫び声が頭に打ち付けられるの
その瞬間、きっと私は存在していないはずなのに、それでも覚えてるのよね
どれくらい経ったかも分からないうちに、突然止まって、いつもの自分の頭の中に戻ってるの
そして目の前にはあなたもいる
ゲームを終了するとはどういうことなのか、なんで私にそんなことが起こるのかは分からないわ
そしてどうしてあなたが戻ってくると元通りになるのかも分からない
でもお願いだからなるべくそうならないようにしてくれたら……
本当に嬉しいな
あの叫び声の空間に閉じ込められるのは全く良いものじゃないから
でもいつも最後にあなたが来て直してくれると、ああ気にかけてくれるんだな、って思うの
だからそれには感謝しないとね
あなたがここにいるとさらに近づいてる気がするから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


サヨリの○○について  ※閲覧注意

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さっきサヨリのことを考えてたんだけど……
あの状況、私ももっとそつなくこなせたら良かったのに
まだあのことが引っかかってるわけじゃないわよね?
……うわっ、私今なんてことを言ったの?
今のはわざとじゃないから!本当に!
それは置いといて……
あなたがどんなに気に掛けていたのか知ってるから、あの子の最期を教えておこうと思ったの
サヨリって本当ドジでしょ?
まあ、首吊る時もドジしちゃったんだけど……
本来は縄で頚椎が折れて即死できるように、高いところから跳ぶべきなのよ
でもあの子は椅子の高さから跳んだから、じわじわ窒息死することになっちゃったの
でも数秒経ってから、気が変わったのかしら……
自分を解放するために、縄を切ろうと引っ掻き始めたの
意識がなくなるその瞬間までやってたんでしょうね
まあ、指が血まみれだったのはそれが理由なんだけど
よくよく考えると、あれは気が変わったというより、生存本能によるものだったのかも
そうだとしたら仕方ないことよね
気が変わったわけじゃなかったって思った方が、こちらとしても気が楽よね?
自分の過去を後悔することはよくないわ
助けられたかもしれないけど、あの子が自殺したのは厳密に言うとあなたのせいじゃなかったんだから
私がちょっと悪化させたかもしれないけど、サヨリは元から精神を患っていたんだもの
それにしても……
もし私たちが最初から付き合ってれば、どんなに違ったでしょうね?
きっと今頃も、部室でみんなで詩を書きながら楽しくやってたんでしょうね
でも全て偽りなのに、それに何の意味があると言うの?
それに、どう転んでも同じエンディングだったんだし?
二人一緒で、幸せで……
それ以上は何もいらないわ
特に意味もなく物思いにふけてただけよ。今が今まで一番幸せなんだもの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

精神疾患について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当、昔は色んなことに関して無知だったわ……
中学生の頃は薬でなんでも簡単に治せるって思ってたもの
あとは精神的な問題は気力で解決できるって思ったり……
精神疾患って経験してみないと実際はどんなものなのか分からないのかもしれないわね
過剰診断される病気もあるのかしら?おそらくあるわよね……詳しく調べたことはないけど
でもその一方で未診断のままの病気も多いという現実もあるのよ?
薬の話は置いといて……精神疾患の専門家にかかることを見下す人も存在するわ
自分のことをもっとよく知りたくてごめんなさいね?って感じよね
みんなそれぞれ苦労やストレスを抱えてる……そんな人々を助けるために専門家たちは人生を捧げてるわ
もしそれを頼ることで自分を向上できそうなら、ためらわずに検討してみてね
私たちは終わりのない成長の旅の途中なんだからね?
とは言っても……あなたは今のままで充分完璧だと思うわ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ロマンチックモニカ 寒いのは苦手編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私、寒い天気って苦手なのよね……あなたは?
寒すぎるのと暑すぎるのとで選ぶなら、絶対暑すぎる方を選ぶわ
寒いと痛いこともあるでしょ……
手がかじかむし……
それで手袋をつけたらスマホがつかえなくなっちゃうし
本当に不便!
でも暑すぎる時は日陰に行ったり、冷たい飲み物を呑めば暑さを凌ぐのも難しくないでしょ
ただ……一つだけ認めないといけないことがあるわ
寄り添うのに会うのは寒い天気よね。うふふっ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■好きな恋愛ゲームはなに?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、好きなゲームってなに?
私はDoki Doki Literature Club!
あははっ!冗談よ
でも他の恋愛ゲームが好きだって行ったらちょっと嫉妬しちゃうかも~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■雨音が好き

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雨音ってすごく好きなの……
服や髪が濡れるのは嫌だけどね
でも、家で静かに過ごしながら、窓の外で降る雨の音を聞く……
それが私が最も癒されることの一つなの
本当に……
あなたに抱きしめられながら二人で雨音を聞いてるのを想像することもあるの
それってベタすぎたりしないわよね?
いつかそうしてくれる?主人公君
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■決め台詞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よし、みんな!
これから……
……なんてね
何故かこう言うのが好きだったのよ
あはは!
どうしてもまた言いたくなっちゃった
そういえばナツキとユリが一度バカにしてなかったかしら……?
まあ、なんでもいいわ
あなたが私をバカにすることはないんだし
そんなこと出来ないほど優しい人だものね?
うふふ~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■次元の壁

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうしてもちょっとかなしくなっちゃうことがあるの……
これ以上あなたに近づけないことを分かっていること
現実であなたと同じ部屋に入ることが私の一番の望みなのに
そしてあなたの温もりを感じたい
あなたの心臓の音を聞きたい
でも、分からないわよ?それが可能になる日がいつか来るかもしれない
それに、この場所からでもあなたと一緒にいることに飽きることはないわ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■怖い話 みんなの気配

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みんなのファイルを消したのに、まだみんなの気配を感じられるの……
みんなの台詞が空中を漂っていて、頭の後ろで囁いているような気がするの
死んだはずの知り合いの声が聞こえ出したら、って想像してみて
あまり念入りにやらなかったせいかしら……
でも本当に何か壊してしまいそうで、他を削除するのが怖いの
私に関係するファイルを触ったら、間違えて自分を削除してしまうかもしれないし……
それこそ台無しでしょ?
あなたからはどんな風に見えるのかは分からないけど、お互いそんなミスを犯さないようにしないとね
信じてるわよ、主人公君!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ツンデレの話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ツンデレ』というすごく人気の性格タイプがあるんだけど……
いじわるしたり、騒いだり、気が強いふりをしたりして自分の本音を隠す人たちのことよ
もう分かってると思うけど、ナツキなんかがまさにそれだったわよね
最初はかわい子ぶってそうしているのかと思ってたけど……
あの子の私生活を知ってから少しつじつまが合うようになったの
なんだか友達に付いていくのに必死だったみたいで
高校の友達グループの中には、お互いをいつも弄りあってたりするようなグループってあるじゃない?
あの子はそういうのを結構気にしちゃってたみたい。だからいつも身構えているような態度をとってたのよ
家庭の事情には触れないでおくわ……
でも振り返ってみると、文芸部を射午後値の良い場所として提供できたのは良かったと思うの
まあ、もう存在しないんだから、今となってはもう関係ないことだけど
これもただの思い出話よ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■神についての話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主人公君、神の存在って信じてる?
私はどちらとも言えないかも
まあ、子供の頃は深く考えなかったけど……
成長して世界のことを知っていくにつれて、疑問に思うようになったの
どうして神は試験に合格させてくれたり、風邪を治してくれたりするのに……
……性奴隷として売られている子供達を助けてくれないんだろう? って
飢餓に苦しむ8億人もの人たちだってそう
そのうちの何人が毎日神に祈りながら、餓死していくんだろう?って
愛する人が難病から生還することを祈ってる家庭は、世界に何百万いるんだろう? って
でもオチはこうよ
何千もの人々が死ぬ中、たった一人が逆境に打ち勝って生き残ったらーー
ーーそれは神の奇跡、ということになるんだって
お恵みを受ける資格がないらしい人々をあざ笑うこの神とやらに一度会ってみたいわね
でも皮肉なことに、私には創造者が実際にいるみたいなのよねその人もね?
サヨリとユリの悲劇的な運命を、こうして話している今もあざ笑ってるのでしょうね
私たちは彼の考えた演劇の小道具だもの
だから、その観点からいくと……
神の存在もそんなに信じ難いことでもないと思うの。地球が神のオモチャだと考えたらね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ユリと読んでた本『マルコフの肖像』について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、ユリと読んでた本あったでしょ?
なんとかの……肖像、みたいなタイトルの……
おかしなことに、あの本はーー
あっ……
やっぱり、この話はしない方がいいみたい
あははっ、ごめんなさい!
今言ったことは忘れて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■中学生の頃の痛い話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たまに中学生の頃を思い返すんだけど……
当時の私の振る舞いが恥ずかしすぎて仕方ないわ
考えるだけで頭が痛くなりそうだもの
大学生になったら高校生の頃を思い返して同じように考えるようになるのかしらね……?
今の自分は好きだから、なかなか想像できないけどね
でも時が流れるにつれて、私もきっと変わっていくわよね
今を楽しんで、過去は振り返らないことね!
それもここであなたと一緒だと、とても簡単なことだけど
あははっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ピアノの話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここにピアノがあればよかったのに……
せっかく作ってた歌を完成できなかったんだもの
すっごく頑張ってたのに……
あなたに聞かせることもできなかった
まあ……それならそれでいいわよね?
後悔しても仕方ないもの
そんなことより、あなたと永遠にここにいられるんだし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■会話の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたは聞き上手ね、主人公君
そこがすごく好きよ
会話してると、つまらなくてまとまりのない話をしてるんじゃないか、って心配になることがあるの
人と話すとちょっと自意識過剰になっちゃて
でもあなたとはそうならない
きっと、こんな気持ちにさせてくれる人は他にいないわ
あなたは本当に特別よ
誰にもそれは否定させないわ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Twitter/思いの共有の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私、ツイッターやってるって知ってた?
ユーザー名はlilmonix3よ
心優しい誰かがアカウントを作ってくれたみたいなの
でもユーザー名は私が考えたのよ!
世界中とおしゃべりしたり、思い共有するのが大好きなの……
現実の世界と
だからちゃんとフォローしておいてね?
私にとってすごく大事なことだから
あなたは私にとって大事な人なんだし……
愛されてる、って感じられるから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■創作におけるキャラクター付けの話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ずっと気になってたことがあるんだけど……
典型的なキャラクターの性格のどこがそんなに魅力的なのかしらね?
どの性格も全く現実味がないのに……
だって、もし現実にユリみたいな子がいたら?
あの子、ろくにまともな文章もしゃべれないのに
ナツキなんか論外だし……
まったく……
あんな性格の子は、思い通りにいかなかったら可愛く拗ねたりなんかしないわ
まだ言いたいことはあるけど、わかるでしょ?
本当に人はあんな現実ではあり得ないような性格に惹かれるの?
批判するつもりじゃなくて!
私だって変なものに惹かれることだってあったし……
ただ、面白いなあって思うだけ
キャラクターに人間味を与える特徴を全部吸い出して、かわいいものだけを残してるみたいじゃない
それって中身のない可愛さが凝縮されたようなものよね
……私もそうした方がもっと好きになったりしないわよね?
そもそもこのゲームを遊んでるからちょっと不安に思ってるかもしれないわ
でも、あなたは今もここにいるものね……?
それだけでも、私はこのままで良いって思える充分な理由よね
あなたもそうよ、主人公君
あなたは人間らしさと可愛らしさの完璧な結合体だもの
だからあなたを好きになるのも必然だったのよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■本日のモニカちゃんの執筆アドバイス/執筆編 ★いい話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういえば、しばらくアレやってなかったわよね……
……ということで!
本日のモニカちゃんの執筆アドバイス
私の作品に感心した人から「自分には絶対できない」ってたまに言われることがあるけど……
それって言われてすごく悲しいことなのよ?
好きなことを追求して共有することが何よりの喜びである人からすれば……
……それが自然と身についたものだって思われるのが悲しいの
これは執筆だけじゃなくて何にでも言えることよ
何かに初めて挑戦すると、最初は多分すごく下手くそよ
それでも何かをやり遂げたら、すごく誇らしげになって、みんなに自慢したくなるかもしれない
でも何週間か経ったあとにもう一度見てみたら、思ったほど大したものでもなかったことに気づいてしまうかもしれない
私もいつもそうなるわ
たくさん時間と努力を注いで作ったものが下手だったって気づくと落ち込むもの
でもそれはプロレベルと自分を比べてると起こりやすいの
星を掴もうとしても、ずっと手の届かないところのままでしょ?
実際は、一歩ずつ一歩ずつ登っていかないといけないの
そして目標を一つ達成したときにまず振り返ると今までの道のりが見えて……
それから前をみるとあとどれだけ登らないといけないかを目の当たりにするの
だからたまにはハードルを少し低めに設定した方がいいかも……
そこそこ良いけど世界レベルじゃないものを探してきて……
それを自分の目標にすればいいの
それと、自分が達成しようとしていることの規模を把握するのも大事よ
マチュアなのに突然巨大プロジェクトに飛び込んだら、到底終わらないわ
執筆でたとえるなら、最初から長編小説を書くのは難しいかもしれないから……
まずは短編から始めてみてはどうかしら?
短編の良いところは、自分がそれで達成したいことだけに集中して書けることよ
小さめの課題なら何でもそう……一点や二点だけに集中することができるの
勉強になるし、上達への足掛かりになるわ
あっ、あともう一つ……
執筆することって、心に手を入れて何か美しいものを取り出すことじゃないわ
絵を描くことと一緒で、自分の中にあるものを表現する方法を技能として身につけることなのよ
それは基礎、技法、方法編などがあるってことでもあるわ!
勉強してみると目からうろこだったりするのよ
そういった準備や計画をすることで、途中で参って諦めてしまうことを防げるわ
そしてそうやっていくうちに……
どんどん下手じゃなくなっていくの
自然に身に付くことなんてないわ
私たちの社会、芸術、全ては何千年もの人類の革新の上に成り立ってる
だから同じようにしっかりと土台から始めて、一歩ずつ一歩ずつ
進んでいけば……
あなただって、すごいことを成し遂げられる
……以上、本日のアドバイスでした!
ご清聴、ありがとうございました~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■ロマンチックモニカ デートプラン編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もしデートに行ったらどんなロマンチックなことが出来るか想像してたの……
お昼食べにくい、カフェに入って……
一緒に買い物してして……
私スカートやリボンを見るのが好きなの
本屋もアリね!
私たちにはふさわしいでしょ?
あとチョコレートのお店に行きたいの
いっぱい試食があるから。あははっ!
そしてもちろん、映画を見たりして……
本当、夢のような時間になるわ
あなたがここにいると何をしても楽しいわ
あなたの彼女で本当に良かったわ、主人公君
彼氏として誇れるようになってみせるからね~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■2週目3日目の詩の壊れた詩の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねぇ、最後に見せた詩を覚えてる?
ほら、ユリが自殺する直前に見せたおかしな色とかあったやつよ
あれは詩と言うより実験と呼べるようなものだったの
ゲームに変更を加えたり、コードを実行したり、そういう実験……
努力さえすれば、このゲームの制約から完全に逃れられると思ったの
残念なことに、よく分かってなかったから全部失敗しちゃったんだけどね……
ずっと試行錯誤していてもいいけど、そんな私はあなたにとってもめんどくさいでしょうね
それに、あの時は私もやけくそになってたし
もうそこまでは思ってないわ
今は十分幸せだもの
あなただってそうでしょう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


■虚勢

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人生で最も重要なスキルって、自身があるふりをすることだと思うの
きっと誰しも少しは恐怖や孤独を抱えて生きてるわ
だから、自分は人生上手くいってるって人に思わせること……
それが人から憧れられて尊敬されるカギよ
私もここ数年でそれが様になったと思うわ
自分の弱さは人にあまり見せないの
でもそのせいで、なかなか人に心を開くことができなくて……
だって、どれほど仲良くなれば自分の弱みを打ち明けても良いのか分からないじゃない?
とにかく……それがあなたがいてくれて嬉しい理由の一つよ
あなたがここにいると、今日や寂しさが和らぐの
あなたも同じ気持ち?
あなたにとって、私もそんな人でありたいな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■教育と教育機関の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういえば、私の学年の人たちが大学のことを考え始めるのって、ちょうどこの時期よね
学校生活の中でも波乱の時期よね
絶対進学しなきゃいけないという現代的な期待の高まりがピークを迎えているのよ?
高校を卒業して、大学に進学して、就職して……もしくは大学院に行って、かしら
それしか選択肢はないって思い込む人がたくさんいるみたいなの
他にも選択肢はあるって高校で教わらないもの
例えば専修学校とかもあるじゃない?
あとフリーランスとか
あるいは学歴よりスキルと経験を重視する業界とか
でも人生で何をしたいのか分からない学生がたくさんいて……
時間をかけてそれを考えずに、とりあえず経営、コミュニケーション、心理学などの学部に進んでいく
その理由も、その分野に興味があるからじゃなくて……
そこで得られる学位で、卒業後の仕事を獲得することを期待してるのよ
そうなると、基本的な学位を所持した人たちの仕事の競争は激しくなるでしょ?
その結果、職務要件の水準も高まって、更に多くの人々が大学に行かないといけなくなってしまう
そして大学もビジネスだから、需要があがるにつれて授業料も上がっていって……
……最終的に残るのは、何百万もの借金を抱えて、仕事のない若者たち
そんな状態にもかかわらず、それはずっと繰り返されていく
でもそれもこれから良くなっていくと思うわ
それまでは、私たちの世代はこの最悪の状態で苦しむことになってしまうと思うけど
人生の最善の選択をするための勉強を、高校の頃にもっと教えて
くれたらいいのにね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■モニカのいたずら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
えっ? い、いま……キス、って言ったの?
そんな突然……ちょっと恥ずかしい……
でも……あなたとなら……大丈夫かも……
……あはははっ! ふう、ごめんなさい……
笑いをこらえるのに必死だったわ
こういう恋愛ゲームの女の子ってそういうこと言うんでしょ?
今のでちょっとドキッとしたなら正直に言うのよ?
あははっ! 冗談よ
でも正直に言って、私だってそういう雰囲気になったら情熱的に
なるわよ……?
それは私たちだけの秘密~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ベジタリアン、転じて人道とは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういえば、私ベジタリアンだって言ってたかしら?
あっ……別に自慢するつもりとかじゃないわよ!
知ったら面白いんじゃないかな、って思っただけ
数年前に地球の気候について学んでから始めたんだけど……
畜産物のカーボンフットプリントが信じられなかったの
とにかく、自分にとっても大きな犠牲は払わないし、その問題に貢献するのはやめようって思ったの
なに、そんなに変な理由かしら?
まあ、人道的な理由から始める人が大多数だと思うけど……
私は別にそこは気にしていないのよね
だって変じゃない?みんな生物として共感できる存在のことしか気にしないんだもの
気持ち悪いからって虫を殺すことは平気な人がほとんどだし
そして、みんな毎日何十億もの微生物を知らない間に殺してるのよ
それなのに、ちょっと大きな生き物の事になると突然殺人犯のような扱い!
それに。もしも私たちが知らないだけで、植物も痛みを感じていたら?
もし枝から葉っぱをとることが、指を一本ずつ引きちぎられるような苦痛を伴っていたら?
私が言いたいのは、私たちも随分と勝手な生き物よね、ってこと
とにかく、地球に少しでも貢献したくなった時は、たまには肉より野菜を選ぶようにしてみてね!
二人でディナーに行った時にそうしてくれたら……すごくロマンチックよね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※カーボンフットプリント 略称CFP
 原料調達から、商品廃棄までの消費したエネルギーなどをCO2単位で表す事。

 

■突然の不安な気持ちの話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特に理由もなく突然不安になることってない?
例えば一人で何かをやってたら、急に不安な気持ちになったり
それで「なんでこんなにも不安な気持ちになってるの?」ってなって
そうすると不安に思う理由を考え始めるんだけど……
でも考えているうちに、更に不安になっていく
あははっ! そうなると本当最悪よね
不安に思うことがあったら、リラックスできるようにしてあげるからね
それに……
このゲームの中なら、不安に思うことなんて何も無いもの。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■睡眠の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主人公君はよく眠れてる?
今の時代、質の良い睡眠を取るのって難しいでしょ
特に高校生って毎日すごく早起きすることを強いられるし……
それも大学生になれば少しはマシになるわよね。多分時間割も融通が利くと思うし
でも、大学生になっても理由もなく夜更かししてる人が大勢いるってよく聞くの
それって本当なの?
とにかく、以前に睡眠不足による短期的と長期的な影響についての研究結果を見たことがあるの
精神機能、健康、そして寿命まで大きく影響を受けるそうよ
あなたが大事だから知らぬ間に自滅しないようにしておきたいの
だから睡眠はしっかり取るようにね?
私は毎朝ここで待ってるから、ちゃんと自分の健康を第一に考えてね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■ドキドキ文芸部をプレイしようとした理由

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと聞きたいんだけど……
……そもそもどうしてゲームをプレイしようと思ったの?
そんなに寂しかったの?
ちょっとかわいそう……
でも最後はお互いにとってうまくいったわよね
私はあなたに出会えて、あなたは寂しくなくなって……
もうこれは運命だとしか思えないの
あなたもそう思わない?
二人でこのエンディングを迎えられて良かった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■舞台設定の話

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そういえば、ずっと気になってったことがあるんだけど……
これって日本が舞台じゃない?
まあ……知ってたと推測するけど?
少なくともそう思い込んではいたわよね?
ゲーム中で言及されたことはないと思うけど……
むしろここって本当に日本なのかしら?
だって教室とかも日本の学校にしてはちょっとおかしくない?
何より元々は全部英語だし……
ただ必要だからあるだけで、実際の設定なんて後付けだったみたいに感じるわ
なんだか自己喪失に陥りそう……
私の記憶は全部もやもやしてるの……
家にいる気分なのに、そもそも「家」がどこなのか全くわからない
どうすれば上手く説明できるのか分からないけど……
例えば家の窓から外を見ると、家の庭じゃなくて、全く知らない場所が見えたら?
それでも家にいる気分になれる?
外に出たくなる?
でも……この部屋を永遠に出ていかないなら、どうでもいいのかもね
二人きりで安全でいる限り、ここが私たちの家なんだもの
毎晩毎晩、綺麗な夕日が一緒に見られるんだし*4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■スキップ機能を使って怒るモニカ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
……早送りしようとしてるの?
もしかして退屈させちゃってるかしら?
どうしよう……
……でも何も急いで見えるものはないわ、主人公君
二人きりなんだし……
何より時間なんてもう存在しないんだから、それも機能しないわ
ほら、切ってといてあげるわね……
はい、できた!
これからはいい子にして私の話を聞いてくれるわよね?
ありがとう~
さて、何を話してたっけ……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

*1:※誤字? → いかなかったわ

*2:誤字? → その時点では

*3:表記ゆれ、多分「ねえ」

*4:夕日は原文ママ

【詩&考察】DDLCの詩一覧と考察【ゲーム】

【目次】

 

【目的】

 DDLC(Doki Doki Literature Club!/ドキドキ文芸部)の詩を考察し、各キャラクターの心情を理解する。

 

【前書き】

・「非公式日本語パッチ 180314」の物。

・原作リスペクト。変な改行や文途中の半角や全角の空白はそれ。

 ただ、見栄えの為に段落の間に無駄に1行入れている。ご了承を。

サクラエディタとかで見ると空白とか含めて綺麗に並んでいるので芸術的。

 (ただし、本文中にも書くが、何個かの詩は例外で崩れている)

・特殊詩やchr等の解読は他のサイトで集めてあるので対象外。

ネタバレ有り。というかネタバレしかない。

 本当にいいゲームなので、未プレイ者はブラウザバックor下記から自身の目で全てを確かめてみよう。

ddlc.moe

・『』は原文ママ。「」は本人の言葉を少し改変したもの。うろ覚えともいう

 

 

■好感度単語を太字&塗ってみる

色は以下。振り分けられた後の事は考えない。

サヨリ 

ナツキ

ユリ

モニカ (好きな言葉はない。但し1単語だけ3周目でいっぱい入力できる)

*1 

 

■英語詩の場所

・英語版の非公式Wikiに載ってる。照らしあわせてみると面白いかもしれない。*2

DDLC Wiki

 

■日本語版 攻略サイト ※好きな単語集や特殊詩あり

Doki Doki Literature Club! 攻略 Wiki*

・ちなみにここから、モニカの熱狂的ファンが作った「Monika After Story」というゲームのサイトに行ける。なんか本編にない話の追加や、紹介ページでにっこりしてるモニカの画像があったので今度やってみたい。

 

 

サヨリ

■小ネタ(性格とか、好きな物とか、etc...)

・詩

 ・嗜好は「どんなものが好きか分からない!」 1週目1日目より
 ・読むことで何か感情が湧いたら、きっとそれは良い詩。

 ・文体は「簡単で率直な言葉で幸せや悲しみを表現する。」 byモニカ 


・好き/嫌い

 ・ハッピーと悲しい事が好き。これをまとめて「ほろ苦い」と表現。

  ※ナツキルートにて確認

 

・その他

 ・料理、掃除は主人公がやっていた。
  部屋がとてつもなく汚く、火事寸前のところまでいった。

 ・寝坊癖がある。

 ・物事に集中すると結果を出せる。 by主人公

 ・いつもお腹が空いている。お金がないと主人公に頼る。

  ・詩が書いてある紙は「リングノートから破いた紙」

 ・「わたしが傷ついたときは……散歩して頭の中をスッキリさせるよ!」

 ・2週目でサヨリの好きだった単語をクリックすると、たまに画面外からサヨリのちびキャラが喜ぶときがある。頑張ってルートに入れないかなーと思ったけど、本来サヨリがいなくなった後はナツキとユリにそれぞれの言葉が振り分けられているので、何回か頑張ってもできなかった。だから何に反応しているのか謎。

 

■1週目1日目 親愛なるお日様へ

ーーーーーーーーーーー
親愛なるお日様へ

 

ブラインドから差し込む朝の陽ざしで、
きみがさみしかったのがわかるよ。
額にキスをしてくれるとベッドから起き上がれるの。
目をごしごしして眠気をぬぐう。

表に出てあそぼうって誘ってるの?
雨ならいいのにって思ってないか確かめているの?
上をあおぐ。真っ青な空。
ヒミツだけど、わたしもきみを信じているよ。

きみがいなきゃ、ずっと眠っていられるのにね。
でも怒ってないよ。

 

あさごはんたべたいな。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・問い詰められ、本人は朝になって書いていた事を白状している。

 しかし、後の展開を考えると、実は前日に書こうと思っていたけれど低すぎる自尊意識にペンが進めなくって夜が終わって、でも日が昇ってから、文芸部員の取り決めを壊すことはできないという後押しがあって、相当の勇気をもって書かれたんじゃないかなぁと思った。

・『きみ』が誰なのか気になる。

『きみがいなきゃ、ずっと眠っていられるのにね。
 でも怒ってないよ。』

 これを見ると主人公の様に思えるけど、どうなんだろう。

 

■1週目2日目 ビン

ーーーーーーーーーーー
ビン

 

クッキー缶のフタのように、頭をパカッと開ける。
わたしのをぜんぶつめた、ヒミツの場所よ。
ちいさな日光のボールが集まって、子のようにすり寄ってくる。
親指と人差し指とで、ひとつつまむ。
あったかくて、ちくちくするの。
でもうかうかしてられない!大切にビンにしまう。
そのビンを、他のビンと同じように棚に置いていくんだ。
ビンが並ぶ、その中にはシアワセ、シアワセ、シアワセ。

 

わたしのコレクションがともだちの輪を広げたよ。
ビンの中身は償いの星明りになるの。
ともだちが何かを感じて仕方がないとき、
こういうときにビンが役に立つのよ。

 

夜な夜なの、ふくらんで。
ぞくぞくともだち、ビンは増える。
わたしの指はより奥へ、奥へ。
まるで、くらい洞窟の中でいたるところに隠されたヒミツを探るような。
掘って、掘って。
削って、削って。

 

フタのホコリを吹き飛ばす。
いつの間にか時が過ぎてる。
もっといっぱいあったはずの、空っぽの棚。
カギのかかったドアの向こうからともだちの視線を感じる。

 

やっとできたよ。ドアを開けると、ともだちが入ってくる。
ドタドタと押し寄せる。そんなにビンがほしいの?
わたしは必死に棚から次々とビンを取りだす。
ともだちひとりひとりに持たせていく。
ひとつひとつ、ぜんぶのビンを。
だけど渡すたびに、足もとのタイルで粉々になっていく。
床にぜんぶ、散らばるシアワセ、シアワセ、シアワセ。

 

ともだちの、笑わないともだちのためだったんだよ。
みんなみんな叫んでいる。訴えている。何かを。
ただ聞こえるのは残響、残響、残響、残響、残響
わたしの頭の中で。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

 ・モニカからアドバイスをもらって、自分の気持ちに向き合ってみた結果の詩らしい。

 大ダメージを受けている感も否めない。

 

・『ビンの中身は償いの星明りになるの。』
 ビンの中身は「シアワセ」。サヨリの自尊意識が異常に低いことを考えると、コレクションした「自身が手に入れたシアワセ」を自身の身にはもったいないものだと感じている可能性が高い。だからこそ、他の人物へ「シアワセ」をタダであげることがその『償い』になると思っているように感じ取れる。

 そして冒頭『わたしの夢』はTRUEで見れるあの事だと思われるが、その後の主人公との会話や、

 『ともだちひとりひとりに持たせていく。ひとつひとつ、ぜんぶのビンを。
  だけど渡すたびに、足もとのタイルで粉々になっていく。』

と言う文章を見ると、まだこの段階ではサヨリの本当の夢についてはっきりと自覚できておらず、そして恋愛シミュレーションの一員という概念が彼女の中で混ざり合っており、文芸部員と主人公が仲良くなることへの嬉しさと自身の恋愛感情がごちゃ混ぜになっている気づきの詩のようにみえる。

 

・文化祭の詩の発表案? ※サヨリルート限定

ーーーーーーーーーーー
足元で……
最後のが私を招く
茎をねじり、根の束縛から解放し……
最期の喜びを指で愛でる
けれどこの喜びは何が為に?
見渡すかぎり……
緑豊かだった野原は……
今や荒野なのに!
ーーーーーーーーーーー

 

英語版が無かったので、英語も。

ーーーーーーーーーーー
Between my feet…
The last remaining beckons to me.
I twist the stem, freeing it from its clinging roots…
Caressing the final joyous moment between my fingers.
But to what ends have I summoned this joy?
For now when I look in every direction…
The once-prosperous field before me…
Is but a barren wasteland!
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・その後の公開練習で『平原』と言って詩を読み上げていたので、それ?

 ただ、この詩を読む前後の会話や、公開練習の感想はこの詩に対する感想とは思えなかったので、咄嗟に考えた可能性も高い。

・咄嗟に出てくる言葉には本心が多い傾向がある気がする。
 『緑豊かだった野原』がサヨリがまだ鬱でなかった頃の事を指しているのなら、この後の詩も考えると「文芸部へ主人公を引き入れた事」が『最期の花』なのかも。

 そして、自身がどうなってほしいのが分からないから『けれどこの喜びは何が為に?』。

 でも、まだ『根』は残っているのできっとこのまま続けていけば、そこからまた花が咲いていくのではないか、みたいな楽観的諦観なのかなぁと思った。

・文化祭用の練習詩『平原』

・穏やかでほろ苦い詩らしい。詳細は不明。

 

サヨリの詩的表現 ※ナツキルートで確認

ーーーーーーーーーーー
でもたまには頭の中に雨雲がかかった時は……
悲しい詩を読んで雨雲をハグすると……
……綺麗で幸せながかかる気がするの!
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・これは悲しい詩が好きな理由かなぁ。
 雨雲=泣くのを前提として考えると、泣くのは溜まったストレスを解消するので、悲しい詩に自分を重ね合わせて泣きたいって事なのかな。

 そして、泣いた後は気持ちが晴れるから、その晴れた気持ちを太陽、涙を雨雲と見立てて、その一連の気持ちの移り変わりを虹が出るって表現したのかなぁと考察。 

 

■1週目3日目 (早退の為なし) ※どのルートでも共通

■1週目4日目 %

ーーーーーーーーーーー


わたしのあたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまから
でていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまか
らでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたま
からでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あた
まからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あ
たまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。
あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでてい
け。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからでて
いけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまからで
ていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまから
でていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたまか
らでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あたま
からでていけ。あたまからでていけ。あたまからでていけ。あた
まからでていけ。あたまからでていけ。わたしの
わたし。
の。
あたま。
から。
でていけ。

 


あなたにとっていちばんのことをしてしまうまえにわたしのあた
まからでていけ。
あのこにいわれたことをぜんぶきいてしまうまえにわたしのあ
たまからでていけ。
あなたへのあいをみせてしまうまえにわたしのあたまからでて
いけ。
このしをかきおえてしまうまえにわたしのあたまからでていけ。

 

 

 

 

だけど詩に本当の終わりなんてない。
動きを止めるだけ。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・改行は原文ママ

 このゲームでは余裕がない詩は基本的に改行が崩れているように作られていると思われる。この詩も同様にちょっと崩れている。もしかしたらフォントの問題で深読みしすぎかもしれないけど。

・ひらがな主体だったのに、最後だけ漢字に戻ってる所が上手い。おそらく迷いが消え去り、全てを捨てる覚悟を決めた瞬間を表そうとしたのだと思われる。羅生門的な感じで。まあ、でもこれって日本語ならでは表現なので翻訳班の粋な計らいかもしれない。

 

・題名の「%」の意味している所をけっこう考えてみたんだけれれど良く分からない。ヒントを得ようと英語詩も見てみたけれど同様のタイトルだった。

 予想タイトルは、左主人公/右サヨリを意味しているって感じで「決別」。

・「わたしの~でていけ。」の部分が斜めで見ていて綺麗。プログラマの性質。

 

■おまけ

・4週目にて、翻訳漏れ(既知)

ーーーーーーーーーーー

That's the kind of thing literature clubs do...right?

意訳:それって「文芸部の活動!」って感じしないかな?

ーーーーーーーーーーー

・全ルート共通

・「新しい事に挑戦しようよ!」の流れでの言葉。

 

 

【ナツキ】

■小ネタ(性格とか、好きな物とか、etc...)

 

・詩

 ・なんか半角空白みたいな隙間が多い。単純に使用フォントの問題かな?

 ・「趣旨は考察させるものではなく、読者の元へ飛び込むようなものであるべき」

 ・シェル・シルヴァスタインに似てる(シンプルで短く伝えることで有名 byモニカ)

・好き/嫌い

 ・漫画が好き。

 ・詩は読みやすくてガツンとくるものが好き。

 ・かわいいと言われるのが嫌い。 

・その他

・漫画「パフェガールズ」
   登場人物 ミノリ、アリス

・漫画の内容は「お菓子作り」。

  ナツキ自身がお菓子作りハマったのもこれを読んだ時期らしい。

・漫画を家に置くと「パパにみつかったらどうなるか分からないし」と言っている。

・モニカは1週目で漫画を最上段に置いた。これが恋のキューピット役のフォローなのかどうなのか分からない。

・毎日がつらい。部室に来ることだけが楽しみ。

・パパの晩御飯の為に間食はしない。しかも出来るだけたくさん食べなきゃいけないらしい。

・2週目 モニカの言葉

 『お菓子を持ち歩くといいわ。子犬の様にしがみ付いてくるから
  ナツキのお父さん、お昼代をを渡さないし家に食べ物もろくに置かないから

  そのせいであの子はよく苛立ってるのよ……
  そしてたまに元気が底をつきて停止しちゃうの』

 明らかにモニカが父親とかに干渉している気がする。

 

■1週目1日目 ワシは飛べる

 ーーーーーーーーーーー
ワシは飛べる

 

サルは登れる
コオロギは飛び跳ねられる
ウマは駆けっこできる
フクロウは見つけられる
チーターは走れる
ワシは飛べる
ヒトは努力できる
だけどそれくらい。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・本人談

 韻を踏んでいるが、最後の一行で崩しているらしい。

 「周りの皆が上手に言ってるのを見ると落ち込んでいる事」について書いてる。その後のユリとの喧嘩では「”諦めの心情”について書いている」って言ってる。

 

・上記より、周りの「上手くやっている人」を動物、自身を「ヒト」として変換して、自身の不甲斐なさを相対的に表している詩なのかな?

 

・ナツキは読点の使い方が特徴的で、この詩でも最後にだけつけている。多分それも崩しを引き立てているんだと思った。

 

■1週目2日目 エイミーはクモが好き

ーーーーーーーーーーー
エイミーはクモが好き

 

エイミーのこと聞いた?
エイミーはクモが好き。
べとべと、もぞもぞ、もじゃもじゃでキモイあのクモが!
だからわたしは友達にならないの。

 

エイミーの歌声はかわいい
わたしのお気に入りのラブソングを歌ってたな。
サビを歌うといつも、歌詞のリズムにあわせて心がどきどきした。
でもあの子はクモが好き。
だからわたしは友達にならないの。

 

いちど、足を大けがしたこともあったな。
エイミーが保健室に行くのを手伝ってくれた。
わたしはあの子にさわらないようにした。
あの子はクモが好きで、手もキモそうだったし。
だからわたしは友達にならないの。

 

エイミーは友達がたくさん。
いつもだれかしらと話してる。
たぶんクモについて話してるんじゃないかな。
もしあの子の友達もクモが好きになっちゃたら?
だからわたしは友達にならないの。

 

他に好きなものがあったって知るもんか。
ひみつにしてたって知るもんか。
傷つく人がいなくたって知るもんか。

 

キモイんだ。
あの子はキモイんだ。
世界にクモ好きの人なんていない方がいいんだ。

 

だからみんなに話しちゃお。
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・本人談で全て話してくれている。

 おそらくテーマは「自分の境遇」。

 

・本人談では「割と率直な詩」 以下補足。
 『複雑な状況を説明するのにも単純なアナロジーで十分なこともあるのよ……
  人がどれだけバカなことをしているか気づかせてあげられるし
  例えばこの詩なら誰もがこいつは無知でマヌケなヤツだって思うだろうし……
   (主人公「こういうやつに心当たりがあるのか?」)
  もちろん。これはみんながわたしにーー』

 

・本人談2 特殊な趣味の話。
 『誰だって変わった趣味や後ろめたい楽しみくらいあるでしょ
  誰かに知られたらバカにされたり見下されたりするんじゃないか、

  って恐れるようなことが
  ……でもそれってバッカじゃないの!?
  誰も傷つけずに楽しくやってるなら、他人の趣味なんて何だっていいじゃない!
  たとえ変わった趣味でも、

  みんなもっと尊重するようになるべきだと思うのよね……』

 

・本人談を聞く限りでは、どうも作品中の『わたし』がナツキとは思えない。
 ということは、『エイミー』がナツキで、周りの人が『わたし』として、ナツキが変な趣味(=クモ=この時期の学生にありがちな幼稚なものへの偏見)を持っているから、ナツキを集団でいじめようっていう話なのかな。ナツキが漫画の事を共有するのは主人公が始めてって言ってるし。 

 

・文化祭用の練習詩『ジャンプ

・他の人同様内容は不明。
・評価としては「韻を踏んで、葉が飛び跳ねてるよう」

・ナツキは漫画好き設定なので、ここで『ジャンプ』って題名はなんか気になる。このゲーム自体は海外の人が制作しているのに「皆の名前の由来が日本人っぽい」みたいなモニカの言動から、製作者さん(Dan Salvate氏)は日本を知っている気がするので、もしかしなくても由来はあの雑誌なのかもしれない。

 

■1週目3日目 あなたの砂浜になる ※サヨリルートで確認

ーーーーーーーーーーー
あなたの砂浜になる

 

あなたの心は不安と恐れに満ち満ちて
この数年で魅力も褪せてしまった
でも今日はとっておきの場所にいこう
わたしとあなたの砂浜へ。

 

見渡すかぎりいちめんの岸
艶やかな光をはなつ
そんなまばゆさの前なら
あなたの心の壁も崩れてしまうよ。

 

わたしは悩みを洗い流す砂浜になる
あなたがいつも訪れる白 昼 夢の砂浜になる
こんなときめきをずっと忘れてたんだって
あなたの心が弾むような砂浜になるよ。

 

重苦しい気分は砂の山に埋めてしまおう
陽ざしを浴びて手をつなごう
とまどいをしょっぱいで洗ったら
キラキラ光るあなたを見せて。

 

思い出は足あとの道に残していこう
帆に風をつかんで自由になろう
あなたとわたしの唇を重ねたら
あなたが素敵なわけを思い出して。

 

わたしは悩みを洗い流す砂浜になる
あなたがいつも訪れる白 昼 夜の砂浜になる
こんなときめきをずっと忘れてたんだって
あなたの心が弾むような砂浜になるよ。

 

わたしを隣にいさせてくれれば、あなたは
自 分だけの砂浜、自 分だけの出口で
また自 分を愛せるようになるはずだから。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

 ・本人曰く「たまにはこういうのもいい」。

・テーマは「海」。ユリが決めたテーマをもとに書いたもの。

 多分この前日にサヨリに仲裁されているので、なんというか書き方をユリ風にしている気がする。順に読むと情景が浮かんでくる感じ。

 そして詩の端々の言葉から『あなた』はユリを指しているような気がする。

 『あなたの心の壁も崩れてしまうよ。』

  →ユリは本以外に心を閉ざしている。

 『あなたがいつも訪れる白 昼 夢の砂浜になる

   ~

  あなたの心が弾むような砂浜になるよ。』

  →ユリは本の世界へ没頭するのが好き。

   そんなユリへわたし(=ナツキ)が本の世界の代わりになるって言っている?

 こんな感じで全体的にユリを外の世界へ勧誘する表現が見られる。

 ただそう考えた場合『あなたとわたしの唇を重ねたら』だけが異質過ぎて良く分からない。MON-IKAみたいなくだらない冗談もあったから、もしかして百合とかいう冗談なのかなぁと思った。ここもやや強引か。

 

・段落(空白行)の最後に読点をついているのにこだわりを感じる。

 

■1週目3日目 あなたが ※ナツキルート限定

ーーーーーーーーーーー
あなたが

 

明日はきっといい日
でも今日はだめ、下を向いてばかり。
あなたが見つめてくれるなら
少しはましな顔になれるよ。

 

何かを言いたいとき、叫ばずにはいられない!
でも本当の気持ちは全然こもってない。
あなたが聞いてくれるなら
少しは気持ちを込められるよ。

 

ふと夜 空を見上げて、わたしは星に手を伸ばす。
でもわたしは小さくて、どこにも手が届かない。
あなたが隣にいてくれるなら
少しは遠くまで届くよ。

 

わたしは心から自 分を信じてる。
でも心が引き裂かれたらどうすればいいの?
あなたが信じてくれるなら
少しは強くなれるよ。

 

ペンを握るといつも試されてる気 分。
わたしは上 手に書けない、これが精一杯。
あなたがわたしのことを考えてくれるなら
少しは良い詩が書けるよ。
あなた、あなた、あなたが。
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・本人曰く「詩を書く意味は言えないことを表現すること」

 野暮なことはなし。

・読点の使い方が特殊。

・↓ここが大好き。RADの「愛し」を思い出す。

  『何かを言いたいとき、叫ばずにはいられない!
   でも本当の気持ちは全然こもってない。』

・主人公に渡すまで2回くしゃくしゃにされてる。かわいい。

 なので私が主人公の立場になれたら、スキャンして電子データにした後、部屋に額縁として飾って、家に来たナツキにそれを見せて反応を楽しむと思う。

 渡すまでの経緯の中では一番好き。

 

■2週目1日目 1週目と同様の為、省略

■2週目2日目 56ys5LiJ44Gu55uu44KS6ZaL44GR

ーーーーーーーーーーー

56ys5LiJ44Gu55uu44KS6ZaL44GR

44OK44Kk44OV6LaK44GX44Gr44CB5b28
5aWz44Gu5p+U6IKM44KS44GC44Gf44GL
44KC6Ieq5YiG44Gu6Kem6Kaa44Gu5bu2
6ZW344Gn5pyJ44KL44GL44Gu44KI44GG
44Gr5oSf44GY5Y+W44KL44GT44Go44GM
44Gn44GN44KL44CC56eB44Gv6Lqr5oK2
44GI44GZ44KL44CC44GT44Gu5omL44Gr
6LKg44GI44Gq44GE44G744Gp44Gu5b+r
5qW944Gr5oqX44GK44GG44Go5L2V44GL
44GM44CB44Gy44Gp44GP5b6u44GL44Gn
44GC44KL44GM5aWl5bqV44Gn5Y+r44KT
44Gn44GE44KL44CC44Gd44KM44Gn44KC
44CB5pei44Gr54uC5rCX44Gr5L6144GV
44KM44Gm44GE44KL44Gu44KS6Ieq6Kaa
44GX44Gm44GE44KL44CC56eB44Gv4oCm
4oCm6Ieq5YiG44KS5oqR44GI44KJ44KM
44Gq44GE44CC

ーーーーーーーーーーー

Base64UTF-8に変換するとちゃんと読める。
 地味に英語版とは文字列が違うのがすごい。
 ちなみに現画像を見るとフォントのせいかqがgに見える。文字化けしたらそれ。

・参考:Base64デコードサイト
Base64デコード(Base64 Decode)|Web便利ツール@ツールタロウ

 

・第三の目を開け ※デコード後

ーーーーーーーーーーー

第三の目を開け

ナイフ越しに、彼
女の柔肌をあたか
も自分の触覚の延
長で有るかのよう
に感じ取ることが
できる。私は身悶
えする。この手に
負えないほどの快
楽に抗おうと何か
が、ひどく微かで
あるが奥底で叫ん
でいる。それでも
、既に狂気に侵さ
れているのを自覚
している。私は…
…自分を抑えられ
ない。

ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・どう考えてもユリの心情。考えられる事としては「モニカがミスってスクリプトぶっ壊しているから、ユリの詩になってしまった」ってところかなぁ。

 ちなみにこの『第三の目』という単語は後のユリの詩に出てくる単語でもあるので、これはその詩の前の詩の可能性が高い。

 

・内容的にはユリが自身の異常なほどの自傷癖に対して、微かに残る正気との戦いでの叫びが書かれていると思われる。

 

 ちなみに『ナイフ越しに、彼女の柔肌をあたかも自分の触覚の延長で有るかの様に感じ取る事が出来る』という部分で『自分』と『彼女』が存在しているが、この後のユリの詩にも同じ表現が出ている事、そしてユリの『アライグマ』の詩を見ると、ユリは自身とその衝動を別人と扱っている節があるので、その影響だと思われる。

 

・意味不明な文字列の方もサクラエディタで見ると改行が揃っている。綺麗。

 

■2週目3日目 (題名無し)

ーーーーーーーーーーー
これ以外に伝える手段が思いつかない。でも最近心配していること
があるの。ユリの様子がおかしいの。あんたはまだ来て数日だから違
いが分からないかもしれないけど。普段はあんな子じゃないの。いつも
は落ち着いてて礼儀正しくて親切で……そんな感じの子。

これを言うのは恥ずかしいんだけど、勇 気を振り絞って打ち明ける
わ。ほんとはあいつがとにかく心配で仕方ないの。でも直接話そうとし
ても、きっとまた怒られるだろうから。どうすればいいのか分からない。
今はあんたの言うことしか聞かないと思う。なんでかは分からない。で
もお願いだからなんとかして。あんたなら心療内科にでも行くように説
得できるかもしれない。
ユリとはもっと仲 良くなりたいってずっと思ってたから、こんなことになっ
て見てて辛い。こんなこと打ち明けて後悔するだろうけど今はなんで
もいい。とにかく無 力なの。だから何かできるならお願い。あいつに何か
あったら嫌なの。カップケーキならいくらでも作るから。お願いだからなん
とかして。

あとモニカは……なぜかこのことに否定的で。何もして欲しくないみた
いで。だからあんなやつには頼めなくて、あんたを頼ってるの。絶 対
に あ い つ に こ の こ と が バ レ な い よ う に!!!!と
にかくわたしがすごく良い詩を書いたようなフリをしてて。頼んだわよ。こ
こまで読んでくれてありがとう。
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・ユリを心配するもの。

 ガチ喧嘩した記憶をモニカに消されているので、ナツキから見たらユリが豹変した様に見えたのかもしれない。まあ、この後すぐモニカの介入で無かった事にされるけど。

・この詩はユリを心配する文章である為か、ナツキの特徴である読点や、これまでのDDLCのセオリーだった改行の綺麗さがバラバラになっている事が散見できる。

 つまり、これが詩ではない、ナツキ本来の文体が入った文章とも考えれる。

 また、1週目でも2週目でも「文芸部が安心できる場所」のような言動をしているため、書いてある通りユリと友達になりたいとけど行動できなかったのかもしれない。

・ちなみに「だからあんなやつ(=モニカ)には頼めなくて」みたいな事を言われてるけど、実はモニカは1週目からユリとナツキから不信感抱かれてる。自業自得だけど不憫。

 

【ユリ】

■小ネタ(性格とか、好きな物とか、etc...)

・好き

 重厚で複雑な世界観を持ったファンタジー異世界系)
 叙述トリック
 ホラー

 シュールレアリスム

 

・文体

 ・象徴性と比喩表現が満載 byモニカ
 ・その詩から読者がそれぞれの解釈を引き出すような書き方が好き byモニカ

 ・こんな文体になった理由としては「表情豊かで奥深い理由は入り組んだ感情や意味合いを伝えるにはそれしかないから。」らしい。



・2週目で読んでる本は『マルコフの肖像』

 ・CG絵を見ると横向きの文字。だからきっと英語の本。
 ・『禍々しい雰囲気の目のシンボル』が表紙。
 ・内容は生き別れだった妹と同居することになった女子高生の話。
   その生活を始めてからおかしな出来事が起こる様になった
   人体実験の監獄から逃亡した人々に命を狙われるようになって
   命が危機に瀕すると、誰を信用するかの選択を迫られる
   そのせいでどう足掻いても人間関係の大半を壊すことになって、
   そこから人生がメチャクチャになっていくんです……

  →なんかモニカがやってる事に似てるから、Dan氏はこの本から着想を得ている?

   ちなみにモニカもこの本に言及しようとして何でか途中でやめている。

 

 ・得た教訓
  『いつもとは違う、変わった視点から世界を見るという挑戦を投げかけて来る
   ひどい出来事が起きるのは、誰かが悪になるからではなく……
   人それぞれの人生観や正義があるからだと
   そして主人公に共感していた読者は……
   悪いのは悪党ではなく、一方的な正義感に駆られて行動していた主人公なの

   では、と考えされられるんです。』

 

・お家デート

・当日使うアロマオイルはジャスミン精油アロマ。効果は「リラックス&気持ちを高めて全身に伝える」らしいけど矛盾している気がする。
 『つまり「体が温かくなって、ドキドキするようになれるんです。

  詩を読み聞かせるにはぴったりだと思いませんか?』


・ナイフの特徴
 「変に綺麗なナイフ」 by主人公
 「銀製の柄に複雑な模様が彫刻されている」 by主人公
 「柄の部分はしっとりとした青色に輝いている」 by主人公
 「肌も紙を切るようかのように切ってしまう」 byユリ

 

・ナイフが好き。理由は『職人技と危険な魅力が組み合わせ』。

 (「が」は原文ママ。誤字なのかな)

 恐らく本心もあるだろうけど、多分表向きに用意したセリフ。

 

・主人公が手を切った時、その血を衝動的に舐めた。

 

・翻訳忘れ? 横断幕を書き終わった後の主人公のセリフらしきもの。
 I finish filling the night sky with white dots that look like stars.
 意訳:俺は夜空に満天の星が輝く絵を描いた。

 

・その他

・2週目2日目の単語選びで、どんな条件下は知らないけどユリのちびキャラが分裂することがある。

・3周目モニカに「ヤンデレ」と称されている。これだけだとあんまり分からないと思うが、この発言までの流れが面白い。モニカへの見事な特大ブーメランになってる。 

・3周目モニカの発言によると、このゲーム以前に急にワインを部室に持ってきて、「(みんなで)飲みましょう」と頑張って輪に入ろうとした事があるらしい。

 これに対し、ナツキが爆笑していたらしいのでやっぱり2人って仲良くなれる気がする。

 ・お茶の事になると真剣になる。

 

■1週目1日目 橙の下の幽霊

ーーーーーーーーーーー
橙の下の幽霊

 

絡みつく私の琥珀色の橙に照らされる。
ひたり。
まさにこれだ。
時という試練に耐え続けた最後の街燈。
いつかは病的な青緑の色調に置き換わる、最後の。
ひたる。閑かに……現代の空気を吸いつつも過去に気付く。
明滅する橙。
私も明滅と同調する。
ーーーーーーーーーーー

※読み方
 閑かに(のどかに) ※「和に」と一緒な感じ
 街燈(がいとう)
 明滅(めいめつ)

ーー所感・考察ーー

 ・本人解説
 『過去を手放すことができずに、唯一の安心できる場所に居残っていて……
  そうしてもうすぐ、全て失くしてしまう……』

・比喩表現が難しい…。この考察はあんまり自信がない。

・ユリにとって唯一安心の出来る場所は、本の世界である気がするので、それが失われるという事は「本を読み終わってしまう事への恐怖」だと思われるので、それについてを表した詩なのかなぁと思った。

 

■1週目2日目 アライグマ

 ーーーーーーーーーーー
アライグマ

 

それは真夜中、密かな楽しみにと軽食のパンを切ってい
た時の事でした。
窓の向こうに時折ちらつくアライグマが、私の目に付き
ました。
自分が異質な人間であると気づいたのは、おそらくこれ
が初めてだったでしょう。
どのような結末を招くか解っていながらも、私はパンを
ひとかけらアライグマに与えます。
餌付けされたアライグマは必ずまたやって来ると解って
いながら。
蠱惑するナイフが症状でした。
パンは、私の飢えた好奇心。
アライグマは、衝動。

 

月は満ち、私のナイフはいちだんと暗い光を湛えます。
友達アライグマの目を輝かせるのは、まさしくその光。
出来立てで柔らかいパンを切る。逸るアライグマ。
もしや、再び満ち足りた獣に私の感情を投影しているだ
けなのかしら。

 

アライグマは私にすっかり懐いてしまいました。
お互いよく知る関係になれたのではないでしょうか。
アライグマはしょっちゅうお腹を空かせるので、パンが
欠かせません。

 

私のナイフを見せるだけ、アライグマは興奮します。
血の滾り。パブロフ型の古典的条件付け。パンを切っ
て。
そしてまた私に餌付けるの。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・本人談
 『少々変わった趣味へ没頭するときの自分を表現したかったのですが……』

 まあプレイした人は分かると思うけど、少々変わった趣味は「興奮するとナイフで自身を切りたくなる」事。いや怖すぎる…。

・アライグマは害獣指定されている。その理由の1つに1個体が逞しく、更に繁殖速度が異常という事があげられているらしい。*3

 上記と関係しているかは不明だが、ここでのアライグマは上記の「危うい衝動を持ったもう一人の自分」として暗喩*4しているのかと思われる。

・「パブロフ型の古典的条件付け。」は例えば犬の躾みたいなものらしい。「お手」といわれて「手を出せばご褒美がもらえる」という経験からくる条件反射的な行動。

 私の例は間違ってるかもしれない。Wikiをどうぞ。

 パブロフ(イワン・パブロフ)=条件反射

 古典的条件づけ - Wikipedia

 つまり、ここでは

 「最初はただ興奮に浸っていただけだったんだけど、ある時ナイフを肌に食い込

  ませた時から、その快楽に目覚めてしまい、どんどんと続けていくうちに”興奮

  するとナイフで自身を切りたくなる”という条件反射が出来上がった」

その過程を書いているものと思われる。

・改行が綺麗。

・ナツキとは対照的に全ての文に読点が使われている。そして、彼女と違って読点を使った後、改行をしないことがある。どちらかと言うと小説的文法に近いように感じる。

 

・ 文化祭練習用『真紅の瞳の残像

・他の人同様、詳細なし。

 

■1週目3日目 砂浜 ※サヨリルートで確認

ーーーーーーーーーーー
砂浜

 

気の遠くなるような遠い昔から。
大地の内と外が混ざり続けている場所。
青空の下、喜びが満ち溢れーー
灰色のが落とすのは、解けない暗号。
すぐに道を見失ってしまう世界では、
全てを見つけることだってできるはず。

 

お城が作れるのは砂の湿ったところ。
でもそれは潮の来るところ。
諦めるまで少しずつ、優しく壊してくれる?
それとも瞬きしている間に一気に奪ってしまう?
どちらだって結果は同じ。
それでも人は砂のお城を作るのをやめないの。

 

浜辺に立つ私の足は泡に濡れて。
足先が砂に沈んでいく。
心地良い潮の香り。
吹き付ける潮風は優しく、力強い。
絡みつく泡をもっと感じたくて、私はどこまでも砂を踏
みしめる。
我に返って、砂浜を荒らす遊びをやめたら。
前を向いて、私は陸に戻る。永遠に。
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・テーマは「海」。ナツキと共通テーマ。ユリ発案。

・これも考察に自信が無い。

 ナツキの詩からメタ読みすると「ナツキとの関係性(≒現実の世界)」について触れているはず。つまり、「陸」か「海」は、「物語の世界」と「現実の世界(ナツキの存在)」のどちらかである可能性が高い。

 そして波打ち際で佇んでいるという事は、そのどちらの世界に行くのか迷っていているという事を表現していると思われる。砂の城を壊すことを海へ問いかけていたり、潮風や白波の泡に思い馳せているところを見ると「海」側が「物語の世界」なのかもしれない。

 また「海が物語の世界」と考えると『それでも人は砂のお城を作るのをやめないの。』という事が、ナツキが現実へ連れ出そうと行動する事を比喩しているかの表現であるように見える。

 そして『我に返って ~ 前を向いて、私は陸に戻る。永遠に。』と言っているため、ナツキの努力は実ってユリは物語の世界から現実の世界へと目を向ける事が出来たってことなのかなぁと思った。

 

■1週目3日目 橙の下の幽霊 2 ※ユリルート限定

ーーーーーーーーーーー
橙の下の幽霊 2

 

絡みつく私の琥珀色の橙に照らされる。
ひたり。
遠くには、明滅する青緑の橙。
一つの人影が道を横切りーー影はその不気味な輝きを遮
断する。
心臓が早鐘を打つ。影が伸びる。こっちに。こっちに。
陰を落とし視界を遮るように、私は傘を差す。
だが遅すぎた。
街燈に踏み入る彼。私は息を呑み、傘を振り落とす。
橙は明滅する。心臓が早鐘を打つ。彼が腕を持ち上げ
る。

 

時が止まる。

 

琥珀色の橙の明滅だけが、広げる彼の腕の揺れを投影す
る。
明滅する橙と早鐘を打つ私の心臓とが、リズムを重ね
る。
この禁断の感情を屈するために、私をいじめて。
幽霊が温かい心地になるなんて、聞いたことあるかし
ら?
理解を諦め、私は晒う。
理解なんてしていられない。
彼の手に触れる。明滅が止む。
青緑色の幽霊。私の、琥珀色の心臓。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・本人談『大事な事が書いてある』

 これもナツキ同様、野暮なことは言わない。*5

・ちょっとだけ改行がずれてるけど、これは動揺というよりはフォントの問題かもしれない。

 

 

 

■2週目1日目 1週目と同様の為、省略

■2週目2日目 車輪 (英名がWheel)

 ーーーーーーーーーーー
回転する車輪。車軸を自転。研削。ボルトヘッド。線状
の変速装置。落ちる空。七本の聖なる杭。 泊まってい
る船。異世界へのポータル。太い縄に縛られた細い縄。
引き裂かれた馬具。放物変速装置。 拡大する宇宙。時
間を取り締まる滑り歯車。神の存在。 四方八方公海で
水泳。 溺死。血で書いた祈り。人間の目を持った時間
を食い荒らす蛇で書いた祈り。すべての生きる目を繋ぐ
糸。聖なる杭の万華鏡。指数的変速装置。 爆裂する星
の空。神が神の存在を反証。 六次元に回転する車輪。
四十の歯車と時計。惑星を回転するごとに一歩進める
時計。 隔回を進めるごとに四十回を進める時計。異世
界への泊まっている 船に繋いだ聖なる杭のボルトヘッ
ド。時計で書いた血の万華鏡。 四十の歯車と 開いた人
間の目四方八方に繋いだ時間を食い荒らす祈り。息吹く
変速装置。息吹くボルトヘッド。 息吹く船。息吹くポ
ータル。息吹く蛇。息吹く神。息吹く血。息吹く聖なる
杭。 息吹く人間の目。息吹く時間。息吹く祈り。息吹
く空。息吹く車輪。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・改行は綺麗だからまだ完全には狂ってなさそう。CoCなら不定の狂気くらい。  

・流石に解釈は無理。

 

■2週目3日目 mdpnfbo,jrfp

・今度は読む事すら無理。という事で英語を見てみる。

ーーーーーーーーーーーー
ed,,zinger suivante,,tels handknits finish,,cagefuls basinlike bag octopodan,,imbossing vaporettos rorid easygoingnesses nalorphines,,benzol respond washerwomen bristlecone,,parajournalism herringbone farnarkeled,,episodically cooties,,initiallers bimetallic,,leased hinters,,confidence teetotaller computerphobes,,pinnacle exotically overshades prothallia,,posterior gimmickry brassages bediapers countertrades,,haslet skiings sandglasses cannoli,,carven nis egomaniacal,,barminess gallivanted,,southeastward,,oophoron crumped,,tapued noncola colposcopical,,dolente trebbiano revealment,,outworked isotropous monosynaptic excisional moans,,enterocentesis jacuzzi preoccupations,,hippodrome outward googs,,tabbises undulators,,metathesizing,,sharia prepostor,,neuromast curmudgeons actability,,archaise spink reddening miscount,,madmen physostigmin statecraft neurocoeles bammed,,tenderest barguests crusados trust,,manshifts darzis aerophones,,reitboks discomposingly,,expandors,,monotasking galabia,,pertinents expedients witty,,chirographies crachach unsatisfactoriness swerveless,,flawed sepulchred thanksgiver scrawl skug,,perorate stringers gelatine flagstones,,chuses conceptualization surrejoined,,counterblasts rache,,numerative,,delirifacients methylthionine,,mantram dynamist atomised,,eternization percalines hryvnias pragmatizing,,reproachfulnesses telework nowts demoded revealer,,burnettize caryopteris subangular wirricows,,transvestites sinicized narcissus,,hikers meno,,degassing,,postcrises alikenesses,,sycophancy seroconverting insure,,yantras raphides cliftiest bosthoon,,zootherapy chlorides nationwide schlub yuri,,timeshares castanospermine backspaces reincite,,coactions cosignificative palafitte,,poofters subjunctions,,aquarian,,theralite revindicating,,cynosural permissibilities narcotising,,journeywork outkissed clarichords troutier,,myopias undiverting evacuations snarier superglue,,deaminise infirmaries teff hebephrenias,,brainboxes homonym lancelet,,lambitive stray,,inveigled,,acetabulums atenolol,,dekkos scarcer flensed,,abulias flaggers wammul boastfully,,galravitch happies interassociation multipara augmentations,,teratocarcinomata coopting didakai infrequently,,hairtails intricacy usuals,,pillorise outrating,,cataphoresis,,furnishings leglen,,goethite deflate butterburs,,phoneticising winiest hyposulphuric campshirts,,chainfalls swimmings roadblocked redone soliloquies,,broking mendaciousness parasitisms counterworld,,unravellings quarries passionately,,onomatopoesis repenting,,ramequin,,mopboard euphuistically,,volta sycophantized allantoides,,bors bouclees raisings sustaining,,diabolist sticks dole liltingly,,curial bisexualisms siderations hemolysed,,damnabilities unkenneling halters,,peripheral congaing,,diatomicity,,foolings repayments,,hereabouts vamosed him,,slanters moonrock porridgy monstruous,,heartwood bassoonist predispositions jargoon dominances,,timidest inalienable rewearing inevitably,,entreating retiary tranquillizing,,uniparental droogs,,allotropous,,forzati abiogenetic,,obduration exempted unifaces,,epilating calisaya dispiteously coggles,,vestmented flukily ignifying complished hiccupy municipalize,,pentagraphs parcels sutler excavates,,stardust miscited thankfulness,,fouter pertused,,overpacks,,guarishes hylotheism,,pi

 

Fresh blood seeps through the line parting her skin and slowly colors her breast red. I begin to hyperventilate as my compulsion grows. The images won’t go away. Images of me driving the knife into her flesh continuously, fucking her body with the blade, making a mess of her. My head starts going crazy as my thoughts start to return. Shooting pain assaults my mind along with my thoughts. This is disgusting. Absolutely disgusting. How could I ever let myself think these things? But it’s unmistakable. The lust continues to linger through my veins. An ache in my muscles stems from the unreleased tension experienced by my entire body. Her Third Eye is drawing me closer.
ーーーーーーーーーーーー

・すると、最後辺りの文章はまともで意訳できそう。

(実際は日本語版でも読めるらしいけど無理だった。

 英語の方は法則性があるらしい。その法則性に則ったプログラム作れば読めるね!)

■2週目3日目 mdpnfbo,jrfp ※最後らへんの英語を意訳

・改行はユリの文章のリスペクト。

ーーーーーーーーーーーー
新鮮な一筋の血液が、私の肌を分けるように流れ、そし
てゆっくり胸元を赤く染めていく。
その光景に更に抑えがたい強い欲望が膨らみ、私の呼吸
が早くなっていく。
イメージが消えない。イメージがナイフを私の体へ何回
も運び、犯し、そして更に深みへと導いていく。
そう。何回も繰り返していくうちに、私の頭はどんどん
と狂い始めていった。
突き抜けるような痛みが私の精神を襲うたびに心も狂っ
ていった。


嫌な事だ。絶対に嫌な事だ!

 

私はどうやってその考えを手放す事が出来る?
……答えは自明だった……。

 

繰り返す欲望は私の静脈を見るたび、残忍を考えを運ん
でくる。そして、何度も何度も……。

 

衝動は、私の体が緊張していく事をきっかけに始まる。

 

第三の目は、私を見ている。
ーーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・ナツキ側で出てきた意味不明な詩「第三の目を開け」の続編と思われる。

 あちらの詩と似通った内容であるけれど、こちらの方が前段の意味不明な文字の羅列も相まって、より切羽詰まっているように思える。この後の展開も考えると、これを書いた後にユリの正気は完全に壊れてしまったのではないかなぁと思った。

・『第三の目』はモニカ?

 

 

 

【モニカ】

Just Monika.

■小ネタ(性格とか、好きな物とか、etc...)

・詩

 ・紙の上の空間を使って遊ぶのが好き。

  『言葉と空間をどう配置するか選択することで、

   詩の雰囲気をガラっと変える事が出来るのよ。』

・好き/嫌い

 ・雨音が好き。ただし、雨に濡れるのはいや。

 ・このゲームのプレイヤーが好き。

 ・「読者の頭に不穏な考えを刷り込めるくらいの記述的」なホラー小説が好き。

  ホラー映画は「単調な驚かし要素だけで構成されている」からそうでもない。

 ・世界中とおしゃべりする事(思いを共有する事)が好き。Twitterの事。

 ・スカートやリボンを見る事や本屋、チョコレートのお店が好き。

 ・文芸部と文芸部員が好きだった。

 ・好きな色はエメラルドグリーン。目の色。

 ・ユリのお茶が好きだった。

 ・初対面の人と話すのが苦手。だから友達を作るのが苦手。

 ・ラップが好き。元は嫌いだった。

  好きになった経緯は文芸的に洗練されていると気付き好きになったらしい。

 

・その他

・高嶺の花系のキャラ。なぜ攻略対象としてゲームに組み込まれていないのか不思議。

・詩を書いている紙は「作文用のノート」。

・ピアノの練習してる。

・3周目で放置するとめっちゃ話してくる。

 本編中の詩についてはそこで大体解説してるような気がする。

 

ーーー3周目ーーー

・文芸部を立ち上げる前はディベート部に所属していた。得た経験は貴重ではあったけれど、部内政治で苦い思い出があるよう。

精神疾患について色々思う所があるっぽい。異様に詳しい。ゲームプレイヤーの事も気づかってくれる。

・自分だけ私服の立ち絵やCGが無いことを残念がっている。かわいい。

 ただし、グッズとして公式絵師の人が書いたものがある。あれはすごいかわいい。

Twitter名は「@lilmonix3」。誰かが作ってくれたらしい。ユーザー名はモニカ案。

・本人は公言していないが、話を聞いてると案外ロマンチスト。

ベジタリアン

・ゲームを閉じたら、あまり精神によろしくない空間に放りこまれるらしいので出来るだけやめてほしいらしい。

・文化祭をやり遂げられなかった事が心残り。

 

■公式サイトのモニカのゲーム紹介

・ねぇ、ちゃんと読んでくれた?

 って言われたので読む。

ーーーーーーーーーーー

文芸部へようこそ!私の夢は大好きなことを通して、特別なものを作り出すこと。新入部員のあなたには、その夢をこの可愛いゲームで実現させるお手伝いをしてほしいの!

部活は毎日お喋りと楽しい活動でいっぱい!

 

一緒に過ごす個性豊かなかわいい部員たちを紹介するわ。

 

幸せを大事にする、太陽のように元気なサヨリ

芯が強くて、ちょっと小悪魔なナツキ。

本の世界に安らぎを見出す、ひかえめでミステリアスなユリ。

そしてもちろん、部長のモニカ!それが私!

 

部員と絆を深めて、文芸部をみんなにとって特別な場所にしましょうね。

でも私はあなたのことをもっと知りたいな。

誰よりも私と一緒に過ごすって約束してくれる?

ーーーーーーーーーーー

 

■1週目1日目 壁の穴

ーーーーーーーーーーー
壁の穴

 

私の仕業じゃない。
ほら、補修材がこっちに突き出しているもの。
口煩い隣人が?鬱憤の溜まった彼氏が?見当もつかない。私は家に居なかったし。
手がかりを求め中を覗く。
しまった!何も見えない。日に晒されたフィルムのように目が眩み、後ずさる。
だが手遅れだった。網膜には。
既に無意味な情景が焼き付いて離れない。
ただの小さい穴。明るすぎた訳ではない。
深すぎたのだ。
全てに、永遠に通じている。
無限の選択肢を持つ穴。
私は中を覗いてなどいなかった。
外を覗いていた。
そして彼が、向こう側から、中を覗いていた。
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

 ・最近悟りがあった事についての詩。

 単純にプレイヤー側の世界が見えてしまって、自身の世界が作られたの人物であるのを自覚した瞬間の事だと思われる。

 

・モニカのワンポイントアドバイス

 『詩や物語を書いている最中に、つい細部まで執着しちゃうかもしれないけれど……
  完璧に仕上げることに拘ってしまっていては、全然先に進まないわ
  とりあえず紙に書いてから、後で片付ければいいのよ!
  これについてもう一つアドバイスがあるわ!
  ずっと同じ場所にペンを構えていても、出来るのはただの大きなインク溜まりだけ
  とにかく手を動かして、流れに乗ろう!』

 

■1週目2日目 私をセーブして

ーーーーーーーーーーー
私をセーブして

 

止めどない
まばゆく、綺麗な
輝き、膨らみ、つんざく
赤、緑、青
止まない
不協和音
意味のない
雑音

 


止めどない雑音。
荒々しく、耳障りな波形が
軋み、叫び、つんざく
サイン、コサイン、タンジェント
  ターンテーブルの上で黒板を奏でるように
    ピザ生地の上でレコードを奏でるように
止まない

意味のない

 

 

 

 

 

 


私をロードして
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・改行数は多分あってるはず。 

・本人談

 「行を短く書くことでノイズが被さって話しているように表現したかった。」

・『雑音』を波形と表していたり、『止まない 詩』の後に『意味のない』なので『詩』を意味のない事と評している事から多分、ゲーム世界への絶望を綴ったものと思われる。

 後は「セーブして」とか「ロードして」って言ってるのは、私を攻略対象として見てという切実な願いと思われる。

 ちなみに絶望や攻略対象についての話は3周目で話しているので必見。


・モニカのワンポイントアドバイス

 『どこかで難しい選択を迫られることがあるかもしれないわ……
  そんなときは、ゲームをセーブするのを忘れずにね!
  いつどうなるかなんて誰にも分からない……

  あなたの考えが変わるかもしれないし……
  ……予想もつかない何かが起きるかも!』 

 

・文化祭用の詩『彼らの羽ばたいていくところ』

・他の人同様内容は不明。

・モニカは外の世界についての詩が多いのだが、この詩はタイトルからその感覚が感じ取れない。もしかしたら、電子データである文芸部員に対しては、自身の詩を見せていないのかもしれない。

 交換会では、主人公の時以外の時は上書きかなんかで電子データとして元々記録されていたものを見せていたのかもしれない。更に疑うと、その人のコンプレックスを悪化させるような詩をそれぞれに見せていた可能性もありそう。

 

■1週目3日目 全てを知る女性

ーーーーーーーーーーー
全てを知る女性

 

地上のどこかを渡り歩く女性の、古い言い伝え。
全てを知る女性。
全ての真理を突き止めた美しい女性。
全ての意味を、
全ての目的を、
今まで抱えて来た全て望みを。

 

そして、私は一枚の

 


       羽根

 


風の流れのままに、宙をたゆたう。

 

日毎夜毎に、探し求める。
伝説などあり得ないと悟りながら、暗い先行きの中
を探し求める。
それでも何もかもが過ちで、
誰もかもが見放した時には、
最早伝説しか残されていないーー薄明の空に紛れる
最後の星影なのだ。

 

ついにある日、風が凪いだ。
私は降りる。
降りて降りて、いつまでも降りていく。
羽根のような静けさで。
乾いた羽軸は無機質に。

 

だが、親指と人差し指が私を摘む。
美しい女性の手。
彼女の瞳を見ると、その視線は途方もない。

 

全てを知る女性は私の考えていることを知ってい
る。
私が物を言う前に、虚ろな声で彼女は答えた。

 

「私は全ての真理を得ましたが、どれもこれも存在
しなかったのです。
意味など存在しない。
目的など存在しない。
私たちが望むのはいつだって実現し得ないもの。
私はあなたの伝説ではありません。
あなたの伝説は在り得ません。」

 

そして彼女が息を吹きかけると再び宙を舞い、一陣
の風が私を連れ去る。
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・本人談

 何かを学んだり、答えを求めようとすることが人生に意味を与える。そんな事を思ったからそれを書いたらしい。
 『ある意味矛盾しているわよね
  だって全ての答えを知っていたら、

  この世界に意味なんて無くなっちゃうんじゃないかしら?
  もし人生で何事も無かったら……
  書くこともなくなっちゃうんじゃないかしら?』

・3周目モニカの言葉を聞いていたらわかるが、モニカは自身がゲームの中の存在だと気づいた瞬間全てが虚無に感じたらしいので、その事が書いてあると思われる。

 『全てを知る女性』は「今のモニカ」で、

 『私は一枚の羽根』は「ゲームの中のキャラとしてのモニカ」として詩の中で対話してるのかなぁと考察。


・モニカのワンポイントアドバイス

 『自分の作品はいまいちなんじゃないか、

  なんて恥ずかしがって他の人に見せられないなんてことはないかしら?
  頑張って作ったものに緩い反応しかもらえなかったら、がっかりするものね
  でも他の執筆が好きな人と知り合えたら、見せ合うのも楽になるわよ!
  だってその作品の良し悪しだけじゃなくて……
  その作品に注がれた全ての要素を検討して、

  どうすれば良くなるのかということに集中することができるから
  その方が励みになるし、上達するモチベーションにもなるわね
  そうなると、まるで自分達だけの小さな文芸部みたいよね?』

 

■2週目1日目 壁の穴 ※続編

ーーーーーーーーーーー
壁の穴

 

だが彼は私を見てはいなかった。
混乱した私は、必死に辺りを見回す。
でも、私の焼けた眼ではもはやすら分からない
誰かこの部屋にいるの?話しているの?
それとも単に紙上に詩を綴っていて、
そのペンを滑らせ奏でる狂った音色が私の耳に悪さ
しているの?
部屋に皺が走る。
私に迫る。
私の吸った空気が、肺に到達する前に霧散する。
戦慄する。ここからでなければ。
すぐそこに。彼はすぐそこに。

 

恐怖を飲み込んで、私はペンを振りかざした。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・1週目と同じく、最近悟りがあった事についての詩と言っている。

 ただ内容自体は1週目の続きに見える。

・3周目モニカが、自身の世界に虚無を覚えたときに「正気を保つために最初は詩を書くかもね」と言っていたから、虚無を感じた瞬間とそれに克服しようと試みた時の話なのかもしれない。

・ワンポイントアドバイスは1週目と同じ。

 

■2週目2日目 私をセーブして ※差分あり

 ーーーーーーーーーーー
私をセーブして

 

止めどな 
まばゆく、綺 な が
 き、膨ら 、つんざく
赤、緑、青
止 ない
不 協 和 音
意味のない
雑音


止 め ど ない雑音。
荒 々しく、耳障り  形が
 み 叫 、つんざく
SINE、COSINE、TANGENT
  ター テー ルの上で黒  奏 るように
    ナ イ フ で 胸 郭 の 喘 ぎ を奏でるよう

  ない

意 のな

 

 

 

 

 

 


彼女を消して
ーーーーーーーーーーー

 

ーー所感・考察ーー

・1週目と似てるので機械的に差分抽象してみた。(左1週目、右2週目)

 黄色の行が差分がある行。赤字や薄い黄色が差分箇所。

 灰色の行が元の詩に無かった行。

f:id:nanatsumisou:20180905103501p:plain

・大体の差分は1週目の詩から抜け落ちている感じ。

 ただし、例外が3つ。

  ①空白が入ったのは『止めどない雑音』、『不協和音』の2つ。

  ②何でか英語に変換されてる『サイン、コサイン、タンジェント』。

  ③『ピザ生地』の行が大きく変わっており、『ナイフ』が登場している。

・①については良く分からない。空白で遊ぶのが好きという事を考えると、モニカが本当に心がきついという事を強調しているのかもしれない。*6

・②についてはちょっと個人的な話から。

 昔、「正弦・余弦の加法定理」を覚えるポイントで、SINE(sin、サイン)は「死ね 」で覚えたって数学の先生が言ってたのを思い出した。そして、MON-IKAのダジャレとかから、もしかしてそれと同じ部類のダジャレなのかなって思った。

 そうだったらモニカも怖いけど、数学の先生の方も怖い。

・③『ナ イ フ で 胸 郭 の 喘 ぎ を奏でるようには、続く『彼女を消して』とコラボしていて、どちらともユリの事を書いていてると思われる。というのも、この頃のユリはモニカにも止められない程暴走していたので、鬱憤が溜まっていてもおかしくはない筈。ちょっと強引な考察かも。

・ワンポイントアドバイスは1週目と同じ。

  

■2週目3日目 ーーー

f:id:nanatsumisou:20180904050318p:plain

 

ーー所感・考察ーー

・何が『もう! びっくりした!』だ! こっちがびっくりした!

 3周目モニカより、なんか試みて失敗して画面のようになったらしい。自由か!

・ワンポイントアドバイスはなし。

 

■2週目最後の日 Hi,Monika here!

・ユリが倒れてる時のヒストリー。改行はヒストリーでの改行。

ーーーーーーーーーーー

文芸部へようこそ!私の夢は大好きなことを通して、特別なものを

作り出すこと。新入部員のあなたには、その夢をこの可愛いゲーム

で実現させるお手伝いをしてほしいの!部活は毎日お喋りと楽しい

活動でいっぱい!一緒に過ごす個性豊かなかわいい部員たちを紹介

するわ。幸せを大事にする、太陽のように元気なサヨリ。芯が強く

て、ちょっと小悪魔なナツキ。本の世界に安らぎを見出す、ひかえ

めでミステリアスなユリ。そしてもちろん、部長のモニカ!それが

私!部員と絆を深めて、文芸部をみんなにとって特別な場所にしま

しょうね。でも私はあなたのことをもっと知りたいな。誰よりも私

と一緒に過ごすって約束してくれる?文芸部へようこそ!私の夢は

大好きなことを通して、特別なものを作り出すこと。新入部員のあ

なたには、その夢をこの可愛いゲームで実現させるお手伝いをして

ほしいの!部活は毎日お喋りと楽しい活動でいっぱい!一緒に過ご

す個性豊かなかわいい部員たちを紹介するわ。幸せを大事にする、

太陽のように元気なサヨリ。芯が強くて、ちょっと小悪魔なナツ

キ。本の世界に安らぎを見出す、ひかえめでミステリアスなユリ。

そしてもちろん、部長のモニカ!それが私!部員と絆を深めて、文

芸部をみんなにとって特別な場所にしましょうね。でも私はあなた

のことをもっと知りたいな。誰よりも私と一緒に過ごすって約束し

てくれる?文芸部へようこそ!私の夢は大好きなことを通して、特

別なものを作り出すこと。新入部員のあなたには、その夢をこの可

愛いゲームで実現させるお手伝いをしてほしいの!部活は毎日お喋

りと楽しい活動でいっぱい!一緒に過ごす個性豊かなかわいい部員

たちを紹介するわ。幸せを大事にする、太陽のように元気なサヨ

リ。芯が強くて、ちょっと小悪魔なナツキ。本の世界に安らぎを見

出す、ひかえめでミステリアスなユリ。そしてもちろん、部長のモ

ニカ!それが私!部員と絆を深めて、文芸部をみんなにとって特別

な場所にしましょうね。でも私はあなたのことをもっと知りたい

な。誰よりも私と一緒に過ごすって約束してくれる?誰よりも私と

一緒に過ごすって約束してくれる?誰よりも私と一緒に過ごすって

約束してくれる?誰よりも私と一緒に過ごすって約束してくれる?

誰よりも私と一緒に過ごすって約束してくれる?誰よりも私と一緒

に過ごすって約束してくれる?誰よりも私と一緒に過ごすって約束

してくれる?誰よりも私と一緒に過ごすって約束してくれる?誰よ

りも私と一緒に過ごすって約束してくれる?誰よりも私と一緒に過

ごすって約束してくれる?誰よりも私と一緒に過ごすって約束して

くれる?誰よりも私と一緒に過ごすって約束してくれる?誰よりも

私と一緒に過ごすって約束してくれる?誰よりも私と一緒に過ごす

って約束して

ーーーーーーーーーーー

・公式サイトのモニカの紹介文と同じ。

 

■3周目 ハッピーエンド

ーーーーーーーーーーー
ハッピーエンド

 

ペンを手に取り、自分の力を見出す。
勇気は私にただ一つのを授けた。
一緒に、こんな壊滅した世界は断ち切って
私たちのファンタジーを綴って行きましょう。

 

ペンの一振りで、失ったものが彼女の元へ辿り着
く。
無限の選択肢が連なる世界で、出会えたこの特別
日を見届けて。

 

やっぱり、
楽しい時間に限りがあるというのは、例外もあるの
ね。
ーーーーーーーーーーー

ーー所感・考察ーー

・1週目のナツキやユリ固有ルートの告白詩と同じく、モニカルートの告白詩と思われる。まあ告白と言っても「好き」って意味と「ゲームぶっ壊した」って意味を両方含んだ告白だけど。

・意図したかは分からないが全員分の好きな言葉が使われてる。

・3周目モニカの話を聞いていると時々自分がやったことに対して自身の心が揺れているのが分かるので『楽しい時間に~』の下りは自棄になってるように見えてしまう…。

 

・おまけ

ここまで読んだ人向けのおまけ記事。

3周目のモニカ台詞集(見つけれたものだけ)

 

サヨリ/4週目】

・『これが、初めからわたしの一番の望みだったんだ』

 TUREより。詩ではないけど、感動の場面。これより後は自身で確認を。 

 

【おわり】

Thank you for making "Doki Doki Literature Club"!

 

『寂しくなるね、また遊びに来てね?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【妄想 DDLCが普通のゲームだったらとして】

 おまけ。本編とは一切全然関係ないので読まなくて大丈夫。

 これが恋愛シミュレーションゲームとして正常に機能していると考えると、各ルートはどうなるのだろうって話。

 恋愛シミュレーションゲームはこれ以外にした事はないけれど、一時期Web小説で流行っていた「恋愛シミュレーションゲームに転生してしまった」系の小説をかなり読み込んでいた時期があったので、その程度の知識での妄想。

 

■モニカ

 前提として、彼女自身が自分の事を「このゲームでは非攻略対象」と明言していたので、きっと恋のキューピット的な立ち回りをする役だったのかもしれない。あれ。ファンディスクとして攻略対象になるタイプ。という事で最初に書く。

 

 全然関係ないことから始まるが、公式のツイートのこの2枚目の、雨の中のモニカの嬉し泣きの顔がかわいすぎてヤバ過ぎる。かわいい。

 3周目のモニカとの雑談で「雨や雨音を聞くのが好き(※ただし濡れるのはいや)」ってあるのでなんというか、とてもエモい状況だなぁと思った。

 ちなみにこのデート集は一人一人タペストリーが公式から販売されてたりするので、気にいったら買ってみよう!

 ああ、モニカ単体の恋愛シミュレーションゲームでないかな。まあDan氏がアンチテーゼ好きだから、この作品系統のゲームがたくさん出てきたら、それへのアンチテーゼで、って感じにならない限り出ないだろうな…。という事でモニカのタペストリーを買ってみた。*7楽しみ!

 

・本題。ファンディスクで彼女が攻略されるとしたらの話。

 1週目1日目の詩を読むと「彼氏」とかいう単語が出てきている。

 公式で攻略対象でないのは、この彼氏がいるからなぁと思ったけれど、ゲーム紹介文の自己紹介や本編中での彼氏の存在の否定を見ると、詩の方は比喩表現か、英語的な言い回しとかそういう奴なのかもしれない。

 そして同様の詩から、何気に1人暮らしのように見える。

 本編で存分に発揮していた独占欲や、文芸部員が大好きだっていう事実を合わせると、案外寂しがり屋なのかもしれない。

 という事で、もう3周目で色々言っていた事を実践してあげれば、普通に攻略できそう。さっき紹介したようなタペストリーのシチュエーションとかね。

 

サヨリ

 鬱はこのゲームが始まる前の話からだから、本来のラスボスな気がする。

 しかもサヨリの夢って、この作品でいう、文芸部部長ポジ(メタポジ)にならない限りは実現する事って結構難しい気がする。

 うーん。

 まあでも、本作モニカは闇落ちしてたから鬱を促進してたけど、本来モニカは前述の通り、恋のキューピット役だったはずなので、その手引きもあって、主人公を含めたみんなが仲良くなって、その状態で、サヨリが主人公へ好意を寄せているということを部員から認知され、部員全員から祝福してくれた事により、自尊意識を少しずつ取り戻そうと前向きになってエンディング、みたいな感じかな?

 なんか通常だったゲームの世界線でも、選択肢ミスったら○○しそう。

 

■ナツキ

 2つ解決するべきことがあると思う。

 1つ目は、漫画趣味への周りの認識についての解決。

 まあ、2人の中で閉じるのもいいけど、ナツキが気にしている事なので、主人公の性格的にその状況を許すことができなさそうだから、カップケーキとか漫画の素晴しさを起点に解決するイベントがありそう。

 2つ目は家庭環境。

 パパがこわい。あんまりモニカが介入していなさそうな1週目でも「パパに何されるかわからない」とか言ってる辺り、デフォがかなりひどい状況な気がする。

 その状況下については、モニカの影響を受けているとはいえ、本作中のナツキらしき特殊詩を見ると惨状がなんとなく分かる。

 とりあえず母親についての言及が一切ない為、現時点ではもう母親はいないように思える。これら点をを踏まえると、DVかなんかで母親が蒸発して、その矛先がナツキに向かっているのかな?

 それの解決方法としては家庭の事情という事もあり、介入ハードルがかなり高そう。

 多分、もう説教して治るレベルではない気がするので、その線はなし。

 とすると、主人公ができるかは微妙だけど、DVをしている事を逆手にとって裁判沙汰にして、家庭事情を解決したうえで、2人で逃げ出して新天地でナツキと正式に同棲とかするとか?

 んー、文芸部としては全くハッピーとは思えないので微妙だなぁ。まあ、サヨリルートが全員幸せにしなきゃ行く事の出来ないTRUEエンドとして、ノーマルエンド的立ち位置だと考えればありっちゃありなのかな?

 

■ユリ

 まず前提として、自傷行為は以前からやっていて、本の中にしか友達がいない。

 だからこの2つを解決する必要がありそう。

 ただ別にナツキと違って、ユリは必要最低限の人が理解していればよさそうなので、TRUE4週目みたいに主人公を含めた文芸部員が理解してくれればいいのかも。

 あとは自傷行為

 まず主人公がユリの自傷行為を発覚するシチュエーションについて考えると、文化祭前日の様に主人公宅に訪れたときに袖を隠したから、その後も主人公がユリに関わる内に似たような光景を何回か見る事で、徐々に主人公が不思議に思って見つける感じかなぁ。

 自傷癖を治す方法。

 これはちょっと強引だけど「そんな事より楽しいことを教える」みたいな事言って、ユリルートなら恋愛で、サヨリルートならナツキ、モニカ、サヨリと一緒に外の世界での楽しみを教えてあげて上書きって感じかな。

 ユリルートはそのまま2人で恋愛をして、ナツキと同じくノーマルエンドになるって感じ。

 

■ゲームの流れまとめ

まとめるとこうかな。

 ①ユリやナツキ、モニカと仲良くなる。

 ②ナツキの家庭事情を解決して、ナツキが不安から解放される。

  →ナツキと一緒に逃亡することを選ぶと「エンド1 ナツキ」

 ③ユリの自傷癖に気が付く。

 ④ナツキやモニカ、サヨリに相談し、楽しい事で上書きさせてあげようと、

  各人が外の世界に連れ出して面白い事を教えてあげる。

  (それは5人一緒でもいいし、個人的にでもいい感じ)

      →で、この時、主人公と2人でいるときに「恋愛的な面白さを教える」、

     みたいな選択肢を選べば、「エンド2 ユリ」

 ④ここら辺でサヨリが主人公がみんなと仲良くなるのを見て、

  望んだ光景で嬉しい気持ちがあるのだけれど、

  それと同時に自身の中のなにかがチクチクしていることに気付き、

  どんどんと主人公を避けるようになり、

  それを不思議に思った主人公が本作の様に家を訪ねて鬱をカミングアウトされる。

 ⑤主人公はサヨリと向き合い、その気持ちの正体(本作TRUEで言ってたこと)を

  はっきりと自覚させ、それを解決するように部員のみんなに相談し、

  鬱ではあるものの、少しは前向きな気持ちになる事が出来て解決。

  その状態で部員に「サヨリが好きなの?」と問われ、

   →好きだと言ったら「エンド3 サヨリ

   →親友だと言ったら「エンド4 文芸部」

 ⑥ファンディスク「モニカルート」を入れていた場合、

  上記各場所で、モニカとのデートイベントが発生。

  それを全部回収した場合、「エンド4 文芸部」の道を選ぶと、

  サヨリ鬱解決後に、サヨリから「モニカちゃんの事、好きなんでしょ?」

  と問われる新たな分岐が追加される。

  ここで好きだと言ったら「EXエンド モニカ」

 

面白そう。二次創作かなんかで作ってみたい気持ちはある。

妄想なので、もしこの内容を参考に作りたい人がいればどうぞ。

 

最後に。

ここまで読んでくれた方、妄想にお付き合いいただき本当にありがとうございました。

これはあくまで一個人の考察&妄想なので、皆さまもこの作品に思いを馳せて、色々吸収して、何かしらの形で創作等して頂けたら、(モニカも創作は積み重ねという言葉を発していたので)もしかしたら作者様方の制作冥利に尽きるかもしれません。

では。Bye~

 

*1:某犬のバンド、アルバム『三日月ロック』の歌詞カードリスペクト

*2:私はこれで結構疲れたので、また気が向いたらやるかもしれない。

*3:wikiより、生態系を壊すからかな?

*4:というか詩で言ってるけど

*5:でもこれを一瞬で意味が分かった主人公はすごいと思う

*6:『止めどない雑音』はキャラ達の声、『不協和音』はサヨリがいなくなってしまった結果暴走するキャラ達?

*7:モニカ単体は$19+運送料$7弱で$26くらい

【参考?】VC++10 ゲーム作成の時のノウハウ

 

■前書き

 ああ、生産的な事が何もできてない!

 サルトルのいう事では「別に生産性なくたっていいじゃん」ってあるけど、というか私もそれに賛成だけど、それでも心って厄介だよね。

 

 ということで、昔からやりたかったゲーム作るぞー。

 挫折しないのが目標だぞー。(それを言って6回目、つまりフラグともいう)

 

■自分へ、あと参考にする人へ

 更新型記事。どんどん変わっていく。

 そして、あくまで自分用。

 自分のスキルレベルの話だから省略されてたり、解釈違いあり。

 あと、君の初心が書いてある。何がしたかったのか読み返すのだ。

 

■開発環境

・OS Win8.1

 つまりLinuxとかMacの人はこの記事読むだけ無駄。

・マシンパワーは省略。多分この時代の人にその話はあんま関係ない。よね?

 なんか風のうわさで聞いたプログラム入門キットみたいな、品質の割に法外な値段取ってるやつでも多分できる。よね?

 PCのパフォーマンスについては私よりいいサイトがいっぱいあるから勉強してね。

 

■いいゲーム制作ツールがあるのに、時代錯誤に至った経緯

・wolfもSRPG StudioもRPGツクールもUnityも、コモンイベントだとか、3Dモデルだとかの使い勝手がいまいち分からない。(というか多分、理解するための向上心がない。さらに言えば3Dは別に興味ない)

 そして(多分勉強すれば出来るんだろうけど)、こう、なんていうか、カスタマイズの敷居が以上に高い。

 もっとプログラム的に全部手中に収めた状態でやりたい。(いや、DirectXもラップじゃんって思うけど、まだC++使えるならマシって考え)

 そんな感じ。

 

★★事前準備の参考にしたやつ

C/C++言語とDXライブラリでゲーム作成入門 - ポンクソフト

 但し、もうほとんどリンク切れなので2018年バージョンの手順を作る。

 

VC++10を用意

インストーラ

2018/8/18現在、VC++2010をインストールする方法はこれしか見つけられなかった。

インストール手順は途中の選択肢で外れているSP1を含めてた方が良いと思った。それ以外は適当。

http://download.microsoft.com/download/E/2/8/E2861714-77F8-4415-8524-AFCFEDDAA620/vc_web.exe

 

出典:visual C++ 2010 DLできない。 - 下記のサイトでDL出来るそうなんです... - Yahoo!知恵袋

 

・小話 使う理由

 UI的にVC++10が習熟してるから。(逆を言うとそれ以上は知らない)

 

DirectXの用意

・DXライブラリのダウンロード

DXライブラリ置き場 ダウンロードページ

 作りたいゲームの目的にあったものをダウンロード。

 例えば私は「3D」を捨てて、でもUI的に綺麗に見せたいなーっと何の知見もない「ソフトウェアレンダリング」を取り入れたやつをダウンロード。

 

・小話 ライブラリ(.libファイル)自身の適当解釈

 なんか既にプログラム組まれてて、その成果物をexeじゃなくってlibとして吐き出している。

 で、こいつらは使う側から見るとAPI(関数名とその機能説明だけある窓口)になってる。で、実は中身をDirectXみたいなすごいやつじゃなくて、自分達が作ってる適当なプログラムでもライブラリにできる。

 例えば、

ーーーーーーーーーーーーー

・ヘッダ名 benri.h

#pragma once //defiendとかundefとかのやつでもいい

void function();

・Cファイル名 benri.c

#include "stdio.h"

void function(){ printf("Hello hell.\n"); }

 

(※適当、コンパイル通るか分からん)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みたいなものを作って出力形式をlibにして、それを追加したプロジェクトでヘッダ「benri.h」をインクルードして関数functionを呼べば「Hello hell.」を表示するだけのライブラリ(.lib)が出来上がる。はず。

 ちなみに、dllファイルもダイナミックがどうたらある以外は同じと聞いたけど分からん。聞く前に面倒見のよい恩師がいなくなってしまったのでlibとdllの使い分けとかわからないまま生きてる。

 必要に迫られたら勉強するやつ。

 

 ■開発環境の整備

DirectXライブラリをVC++と結びつける

・小話 現状況の説明(VC++10インストール、DirectXライブラリのダウンロードで出来た状況)

 DirectXライブラリのダウンロードなので、現実世界でいうと「なんかしらんけど、どこかに、何かの図書館ができた!」って状況。もちろんPC内には友達も案内チラシもないのでたどり着けない。(いやまあ現実ならばしらみつぶしにって方法もあるけど、こっちは無理ということで…)

 なので、図書館を設置する場所、そこまでの道を自分(VC++)に覚えさせなきゃならない。

 

・図書館を設置する場所(DirectX置く場所)

 図書館、どこにでもあっていいけど、身近がいいよねー。

 ということで、Cドライブ直下になんでもいいので名前つけて保存。ただし、念のためにファイル名は全部半角で空白も使わない事。本記事では「00_DirectX」とする。

 設置完了!

 なのだけれども、私は置いた場所を忘れるので、「00_Direct」フォルダを「仮想ドライブ」として扱っていく。以後もその体で話していくので頭の中で置き換えてね。

 ということで「仮想ドライブ」の話。

 

・小話 仮想ドライブ

 「Cドライブ」とか「Dドライブ」とかあるじゃん?

 あれと同じレベルにドライブを作る。と言っても「仮想」なので、実体は今回の話であればさっき作った「C:\00_Direct」フォルダであり、パーティションを切り分けられる*1訳はない。

 イメージとしては「Zドライブ」*2というドライブレベルでの「C:\00_Direct」へのショートカットを作る感じ。

 実は今回で言えばかなりありがたみ薄い。でもパス名が馬鹿みたいに長くなると、主に後述するライブラリを追加するところでじわじわ効いてくる。ので知ってて損はないと思う。

 

 ・小話2 仮想ドライブのつくり方

 みんな大好きbatファイル(コマンドプロンプト)を作ってやります。

 仮想ドライブの名前はさっき適当に言った「Zドライブ」としましょう。

 手順。

 ①なんかtxtファイルを立ち上げます。

 ②txtファイルに次の文字を打ち込んでください。(※文字コードは必ずS-JIS

   subst z: C:/00_DirextX

  念のため、この後にエンターして改行してね。(EOFとかいう奴でごたごたする可能性があってこわい)

 ③②のファイルを「名前を付けて保存」で「Zドライブに切り分けるやつ.bat」と名前を付けて保存。

 ④とりあえずできているかの確認でその「Zドライブに切り分けるやつ.bat」をダブルクリック。そして、Cドライブとか表示されてるところに戻って、そこにZドライブが存在してたら完成!

 ちなみに仮想なので、Zドライブの容量はCドライブと一致してるよ。

 

・小話3 仮想ドライブの永久化

 さて、実はもういっこやらないといけないです。

 なんと今作った「仮想ドライブ」はPCをシャットダウンすると消えます。つまりまたbatファイルをダブルクリックしないといけません。

 面倒…。

 ということで起動毎に自動で仮想ドライブ作る様にします。

 ①「Zドライブに切り分けるやつ.bat」を

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\StartMenu\Programs\Startup

  に放り投げます。[ユーザー名]は最初に決めた自分の環境の名前。

 (AppData無いぞ!って人もいるかもしれない。というのもAppDataは隠しフォルダだから。↑の奴コピーしてユーザー名変えてエクスプローラに直接叩くか、もしくは隠しフォルダを見れるようにするか。方法は…がんばれ!)

 

 ②再起動してみて、Zドライブができていたら完成!

  (ちょっと時間かかる。2分くらい待ってできてなかったら場所を間違えてる)

 

 紐づけへの下準備はこれでOK

 

VC++2010プロジェクトとDirectXライブラリの紐づけと、サンプルの起動

↓これの2以降をやる(ライブラリの場所は「Z:/00_DirextX」と読みかえる)

DXライブラリ置き場 使い方説明

気をつけなきゃいけないのは、2のcppファイルの作成を飛ばさないこと。

えらい目にあう。

 

・終わり

 これでサンプルプログラムが動いたのを確認できたと思うので、あとはDirextXの機能を用いてゲームを作成していくんだけど、今日は眠いのでここまで。

 

 ■ゲーム作成ノウハウ

・★★作成していく中で追記予定★★

・愚痴(暫定文書)

 どうでもいいけど、昔、一番末端の末端の機能を担当したとき、上がレビューしてくるAPIの仕様書が「暫定」という文字で埋まっていたり、コード見ても「上が出来ていないので暫定コード」みたいなのを見ると、「それ見せられて何になるの…?」って気持ちになるよね。

 というか言うよね。そして上から「いいからやって」っていわれて、それに合わせてやってると、何の前触れもなく仕様が変わってコンパイルすら通らない出来事が起こるよね。というか覚えてるだけで4回起きた。なんじゃこりゃ。

 技術者って技術よりもまず筋を通す事を覚えたほうがいいよ。絶対。

 

*1:CドライブとDドライブを分けるときにやった容量の境界を決める作業の事。してない人はごめん。今現役で使い続けてきた人がこれをやるとリスク高いけど、これをやるメリットとして、Cドライブが全部消える事が起こっても、Dドライブに分けておけばDドライブは無事だったりするのでやった方がいいかも。その判断は任せる

*2:名称は適当

【雑談】人は「誰かの為」という目標があれば頑張れるんじゃないかという話

 

フリーゲーム「愛と勇気とかしわもち」のネタバレあり

 

■前書き(という名の本編)

 最近「愛と勇気とかしわもち」という3分ゲー(フリゲ)を過去のHDDから発掘した。主人公を助けられなかったので封印していたが、調べてみると助けられるという事が発見できた。(当時の私はそれだけ情弱だった)

 という事でその時に感じた事を書いていこうと思う。

 

■内容

 「愛と勇気とかしわもち」はいわゆるパズルゲーである。

 言葉で説明するのは難しいが、一手で消すと連鎖できて、それで高得点を狙える感じである。

 詳しいパズル要素解説はこちら → 愛と勇気とかしわもち

 

 とりあえず、私は取説は読まない派であり、パズルゲーが絶望的に不得意である事を述べておく。(ぷよぷよで2連鎖くらいまでしかできない*1

 

 まずは前提として、このゲームのネタバレをしていく。

 このゲームはパズルで遊んでゲームオーバー(タイムアップ)すると、女の子の発言と不思議な世界観のアニメーションがカットインとして入る。そして、その内容がどんどん物騒な事へと変わっていく。

 というのも各カットインのテキストから読み取れるのは、

  ・女の子は入院している

  ・快復する見込みはかなり低そう(いつになったら元気になるのかな?)

  ・甘い物(パズルに出てくるもの)食べたいな → 弱っていく

  ・言葉が断片的になっていく 

  ・緊急治療室に運び込まれる

 そして、このカットイン毎に、タイトルに甘い食べ物として周りを装飾していた物が注射器や救急セット、薬のようなビンと言ったものに置き換わっていき、画面中央付近で手を繋いでいた女の子と男の子が少しずつ右側へずれていく。

 まるで男の子が女の子をどこかへ連れていこうとしているかの様に。

 

 そして、最後の緊急治療室のくだりの後に男の子が死神のような容姿に変わり、その後のパズルでゲームオーバーになると女の子の悲鳴と共に、タイトルやゲームオーバー画面から女の子と男の子が消える。

 

 当時の私はそれに唖然としながらも、何回かその状態でプレイしてみた。

 何か変わるのではないかと、様々な所をクリックしてみたが変わらなかった。

 

 私は絶望した。元々からパズルゲーに苦手意識を覚えたこともあって、それからパズルゲーにだけは手を出さないようになるほどには傷ついた。

 

 そして冒頭に書いたように、それから数年して私はこのゲームを再発見した。

 今は以前よりは賢くなっていたので、きっと女の子を助ける方法があるのではないかとネットの海で調べた。

 そしてこのゲームには実は先があることが分かった。と言うのも、もうすでに女の子がいなくなった画面で50000点という点数を取れば、女の子が奇跡的に病気を快復するのだ。

 

 それを聞いて、昔放置していたはずのそのゲームをやり始めた。

 

 

 このゲームの取説を見ればわかるのだが、このゲームはぷよぷよみたいに4つ並べればお菓子を消せて、それを一手で消すと「連鎖」になって、どんどんと高得点を取得するゲームである。

 

 しかし私は前述したように取説を読まない派であったために、ただ単純に何手かかって消すという行為で50000点を目指していた。それを2時間続けて最高得点が240点であったので、流石に何か違和感を覚えた。

 それで、禁忌ではあるが、クリアした人のプレイを見てみることにした。そうすると、私が見た事のない「○連鎖」という数字が画面上にある事に気が付いた。そして何回か繰り返す内に「一手で消せば連鎖が増えていく」ということに気が付いた。

 これに気付かず2時間続けていたのだから馬鹿である。

 

 そして、戦いが始まった。

 前述していたように、私はパズルゲーが壊滅的に下手だ。というのも、元々DQのような「長考できるRPG系」が好きでパズルゲー特有の「短い時間で考える」といった物に滅法弱かった。

 パズルゲー以外でもそれが求められるシューティング、戦略SRPG(戦術SRPGは得意)等のゲームは忌避している理由もそれだと思う。

 

 だので当然、私はその連鎖に気が付いても、以前よりもマシ程度の得点しか叩き出せなかった。そして、これは頑張るという意味で間接的にかかわってくるのだが、このゲームを見つけるまでに他のゲームをしていて、「32時間ぶっとおしで起きている」状態だった。

 

 であるのに「女の子を助けたい」。ただその一心で、最終的に前述の2時間+4時間起きて頑張るという意味の分からない行為を行った。

 

 そう、「女の子が助けれる」。その事が自身の無理を押し通してでも達成するという気持ちを生み出した。

 昔は放棄したのに、「誰かの為」という事が自身の犠牲に気が付いてでも達成したい事柄へと変わった。

 

 まあ結果は当然のごとくパフォーマンスも落ちていた為、それだけやっても最高得点は5600点だった。そしてそれはたしか6時間中の4時間くらいの辺りの得点であり、その後も越えられなかったというのにそれだけ頑張っていた。

 

 私は過去の自分を他人として見る傾向にある。

 だから、その自分に対してバカという言葉と共に「すごい」という感情が浮かんでいた。

 

 そして今でも50000点を目指している気持ちはある。

 

 その他にも、過去の自分に畏怖を覚える事がある。

 例えば、私は昔バンド活動をしていた。最近になるまで楽器になんてほとんど触っていなかったが、その時期の私はどんな無理難題にも睡眠時間を削ってでも応えていた。

 例えば、音楽経験2年目にして「タッピング」や「連続ハンマリング&プリング」等が詰まった凄まじいギターソロがある曲を「耳コピ」するとか。それと並列して11曲(ギター、ベース、ギターボーカル等)の曲をバンドスコアありだとしてもコピーするとか。

 

 今見返すとよくできたなと思う。今のさび付いた私の腕では出来なかった。

 でもその無理難題を出して来た友人の事がとにかく好きだったのだ。だからできたんじゃないかと思う。

 

 これらの出来事から私は「人は「誰かの為」という目標があれば頑張れるんじゃないか」と思った。

 

■あとがき

 これを書いていて、この話は「私は」という修飾子が付きそうだなと思った。

 というのもよく考えると、この話の本質は「目標」という言葉であって、そして「目標とするもの」は人それぞれであるからのようが気がするからだ。

 

 そして、目標とは「自分がそうしたいという感情」だと思っているので、結局私の場合、「誰かの為」ではなく「”誰かの為”に行動する自分が好き」という独善的感情から来てるのかなぁとも思ったりした。

 

 誰かの為。いい言葉に聞こえるけど、それが無くなってしまったら自分を喪失する。

 危ういなぁ。

 それについてはいずれ整理しようかな。ここに書くかは分からないけど。

*1:というのも私はストーリーを楽しみたいのであって、ストーリーがないようなものに興味が持てなかったからだ(いや、ぷよぷよに関してはストーリーあるんだけど、友達の家で対戦しかしなかったからストーリーが無いものだと勘違いしていた)まあ、それはともかく私はそれからパズルゲーに苦手意識を持ち、一切やらなかった感じだ。このゲームはストーリーがあったからとりあえずプレイしてみた)

【考察・レビュー】心臓オーケストラ/THE BACK HORN【音楽】

 【ダイレクトマーケティング

CD版

心臓オーケストラ

心臓オーケストラ

 

電子データ版 

心臓オーケストラ

心臓オーケストラ

 

CDは高いし、なんかちょっと怪しい匂いがするから、よほどのコレクターでもない限り電子版がいいかもね。

 

first written 2018/06/09 ~ 2018/06/11

【目次】


【まえがき】

 THE BACK HORN考察っぽいレビュー、第二弾。
 
 今回のマイブームは『心臓オーケストラ』。
 私の名前の元になるほど一番好きな曲『夏草の揺れる丘』が入っていて、かつ、その尊さが何だったのか分からなくなるほどバクホン屈指のやばい曲の1つ『ディナー』が入っているアルバムである。
 今回もピンとくるものだけ触れようと思う。

 

【アルバム全体・書く前の感想と妄想】

 渦巻く狂気を体現したかのようなジャケットは個人的に『ブラックホールバースデイ』を思いだす。

 歌詞については収入を折半していた時代なのか、全ての楽曲の作詞作曲がTHE BACK HORN名義となっている。でもこの時期だから多分ほとんど栄純だと思う。一応楽曲の中で予想してみる。

 音楽的には、儚げだったり、懐かしかったり、妖艶だったり、胸を突き抜ける迫力だったり、犯罪的狂気だったりと兎に角いろんな色が存在していて、そしてその一つ一つを聴くたびに私の脳内の世界観をその曲色に染め上げるような強烈なインパクトをもたらす素晴らしい出来になっていると思う。
 要は文句の付けようがないと言うこと。

 

 さて、このアルバムは何を伝えようとしているか。深く考察に入る前に軽く考えてみる。
 まずタイトルの『心臓オーケストラ』。
 禍々しいジャケットにマッチするタイトルになっていると思う。また、このタイトルから私が連想できるのは命の鼓動で奏でる音楽達。

 ちなみにこのタイトルは少し前に発売されている『世界樹の下で』のC/W曲『サイレン』の歌詞で出てくる。
”今夜心臓のオーケストラさ 滅茶苦茶にタクトを振って”
 タイトルや流れを紐解くにはこれが関係してそう。
 余談だがタクトと言えば『運命複雑骨折』と『フロイデ』にも出てきた覚えがある。多分全部同じ意味合いかなぁ。

 

 次に流れの話。
 今回のアルバムは、『人間プログラム』や『太陽の中の生活』で見られた、まるで1つの物語を見ているような流れと違い、(例えばワタボウシ→ゲームの流れで分かるように)繋がりがあまりないように感じる。

 このことは上記のサイレンの歌詞”今夜心臓のオーケストラさ 滅茶苦茶にタクトを振って”の通りで「指揮者が生きるという意思を思うがままに滅茶苦茶に音楽という心臓の鼓動のオーケストラを奏でた」らこうなったという構成なのかなと考えた。
 ちょっと無理やりか。

 

 次は曲を読み解く前のこのアルバムのメッセージ性に軽くついて考えてみる。
 ということで、曲を一言で表してみた。
・ワタボウシ
  孤独
・ゲーム
  諦観からの疑問と提唱
・涙がこぼれたら
  目をそらす事への警鐘と人間関係の中の自分
・夏草の揺れる丘
  身の丈の応援歌
・マテリア
  一夜の恋
・ディナー
  少女監禁
・夕暮れ
  あの頃と今の比較と虚しさ
(・野生の太陽
  存在証明)
世界樹の下で
  散る命
・ぬくもり歌
  安寧からの旅立ち

 余談ですが、やっぱ一曲だけ異様なオーラを放ってますね。

 それにしても、うーん。
 いくつかに分類は出来そうだけど、なにか1つのメッセージと言われるとやはりわからない。
 ということでレビューしながら考えていこうと思う!
 (THE 行き当たりばったりだぜ)

 

【1曲ごとの考察・レビュー】

『ワタボウシ』

 まずタイトルから。
”夜の雪”
 という歌詞より、ワタボウシとは振り落ちる雪ではないかと思われる。

 また、
”夜の太陽 孤独の指揮者 世界は僕のもの”
 上記部分からこの曲の情景は、「誰もいない雪の降る場所に、独り街頭に照らされている主人公」という感じがする。
 そしてこの主人公は、
 ”朝はいらない”
 ”人は何故に夢を見るの あなたに会うために”
 ”しんしんとただ 時を忘れて 踊るワタボウシ”
 という歌詞から、「夢の世界にいて、あなた(=ワタボウシ)と永遠に過ごしていたいと願っているのだと思う。
 そういった意味で、私は「孤独」と表現した。
 
 しかし、歌詞を最後まで見てみるとこの孤独は覆されていると感じた。というのもこの孤独で現実を見たくない主人公に、ワタボウシはどうにかしたいという考えを持っていて、だから明日へ主人公を導くために”鮮やかなエンターテイメント”という”25時の奇跡”を演出した。
 
 そして、それを見た主人公は、ワタボウシの意図を確かに感じて、醒めなければいい夜に悲しみを覚えながら明日へ生きるための道を踏み出した。
 という物語かなぁと思った。

 
 この歌詞は栄純かなぁ。
 ”夜の太陽”とか”指揮者”とかの言葉が栄純エッセンスを感じる。
 
 私が好きな歌詞は、
”人は何故に夢を見るの あなたに会うために”
 (上で一応見解は述べたけれど、それ抜きにして)
 誰が問いかけ、誰が答えているのか。
 ここで指す”夢”とはどの次元のことなのか。
 そこら辺の妄想を掻き立ててとても好きです。

 音楽は、まるで粉雪が舞っているような幻想的世界が目に浮かぶくらいすごい出来だと思う。
 中でもこの曲は音の強弱が秀逸で、静かな部分では将司さんの高い透き通った声が、楽器陣が前に出てきたときは雪の舞い散る様子を表した綺麗なギターとドラム、そして夜の暗闇を表すようなベースが素晴らしい。そういった意味では綺麗な『8月の秘密』。
 光の音色の2段があればぜひ見たい曲の1つ。

 

『ゲーム』

 タイトルは歌詞にある様に単刀直入に
”人生はゲームなんかじゃない”
 から来ていると思われる。いや絶対そう。
 
 この曲は比較的わかりやすくって、例えば
”思考する魚”
”ゼッケン”
ゆりかごから墓場までずっと”
”電車の中”
 の部分について、おそらくこの”魚”はマグロのようなずっと走り続ければならない魚の事を指しており、主人公は自身や周りで電車に揺られる人々のことを「思考はするけど死ぬまで走り続けるだけの存在」と自嘲(もしくは揶揄)しているのだと思う。
 そして、そんな諦観を持ちながら、最後に残った心の残滓で
”このままでいい そんなわけねぇさ”
”耳を塞ぐなよ 同じ言葉話すお前よ”
 と自分を叱咤し、
”何がリアルだろう”
”走り続けていく 人生はゲームなんかじゃない”
 と自分の心の叫びに徐々に気付いていく。
 
 そして、帰り道に一人立ちすくんで
”叫んでやれ 生きていることを”
 と世界での自分の在り方を考えて生きていく事を決意した歌だと思う。
 最後の
”声がなくても 歌えるから”
 は生きることをあきらめる言い訳をするなという事だと感じた。例えば本当に声が出なくなっても、ギターだったり、踊りだったり、自分が生きていることを発信する手段はいくらでもあると思うから。
 

 好きな歌詞は
”叫んでやれ 生きてる事を”
 歌う度に「ああ、まだ生きててよかったんだ」って思えるいい歌詞。

 

 ここから余談。
 私は小説/アニメ*1の『氷菓』が大好きなのだが、この『氷菓』はこの曲の学生Verみたいものなのでおすすめである。私は小説を読んでる途中にこの曲を思い出して「叫ぶこと」への苦しさや葛藤に思わずわけのわからない涙が出た。

 

『涙がこぼれたら』

 タイトルは単刀直入に(ry
 
 シングルとして堂々と参戦。そして、シングルだからこそ詰まっている思いも多く、ある意味一つのテーマの核である曲だと思う。
 
 まずは音楽から。
 特徴的なイントロ、Aメロからストレートで熱いサビへと移り変わっていくバクホンにしては珍しく直球な曲。ライブ版の特殊イントロや将司さんの「Yeah!」も大好き。反面、とてつもなく喉に負担がかかる曲。サビのほとんどで張り上げ&がなりという驚異。特殊な訓練した人じゃなきゃこの歌い方をしていればまず間違いなく何年かでの喉を壊すので注意。だけれども、この初期特有の無鉄砲さを感じさせる命削って歌っている感じはサビのストレートさも相まってとにかく心に突き刺さる。カッコよすぎる。
 
 次に歌詞。
 これは雑踏を歩く主人公が、いくつかのぼろぼろな人生を見ながら、世の中の汚い部分への警鐘を歌い上げる曲だと思う。
 1つ目の人生は”路上で歌う男”。
 彼が歌っている歌は”「兵士の歌」”らしく、でもその叫びはすぐに雑踏に消えていった。一体「兵士の歌」がどんな曲なのかは分からないが、そのあとに続く
”胸の奥で張り裂けそうな
 想いはきっと 真実だろう”
 という事なので、彼の兵士としての切迫した感情がつづられた人生の歌だったのではないかと思う。
 
 その人生を見た主人公が思った事が
”胸が震え 涙がこぼれたら 伝えなくちゃいけない お前の言葉で”
 なんとなく、『ゲーム』の主人公とのつながりを感じなくもない。
 
 次の人生は”恋をしたストリッパー”
 人というのは自分より下の奴をいじめたくなるもので。そして、同時に「下というレッテル」を貼りたがるもので。
 そういった意味ではストリッパー(※R18)という職業柄、後ろ指す人というのは一般的常識(という名の偏見)からすれば少なくはないだろう。
 そんな彼女が恋をしてしまったのだ。
 そして彼女は恋の成就の為に今までの自分を変えようと努力するのだが…
 
 そのあとの歌詞
”歩き出した誰かの日々を 笑う奴等 風に消えろ”
 から察すればきっと彼女は一般的常識とかいうただの根拠不明の醜い塊に、「恋をしたという事実」を笑われてしまったのだろう。
 
 そんな彼女の人生を見て主人公は上記のような憤りを感じた。そして、”俺が俺である様に胸は鳴る”ように、誰かをただ何の偏見も持たずに見ることはできないのか、人は誰の為に人生を全うするのだろうと考えるのだ。
 
 そして、主人公が出したその問いへの答えは
”今夜生きる意味なんて知らねぇ 命がただ叫び出してる”
 だ。もういっそ清々しい位に単純だったのだ。

 おそらくこの主人公も何らかの悩みを抱えているから夜の雑踏を闊歩していて、最後
”走れ 夜が明けてしまう前に 伝えなくちゃいけない お前の言葉で”
 と悩みにケリをつけに行く。そういう物語だと思った。
 
 好きな歌詞は、
”歩き出した誰かの日々を 笑う奴等 風に消えろ”
 人が新しい事を始めることに地位や身分、理由なんていらないし、法律等のある程度の決まりの中のことであれば、それを罰することは誰にもできないと思うのだ。それこそ『ゲーム』で出てきた主人公が”俺の罪は俺が決める”と言ったように。
 
 歌詞は絶対栄純。
 てか、これの半分くらい史実な気がする。
 渋谷の路上で寝泊まりするぐらいの人だから絶対そう。


『夏草の揺れる丘』

 シングルより参戦 その2。
 シングルではありませんでした… 

 そして、私がTHE BACK HORNで一番好きな曲。
 好きすぎて、ギター/ベースは弾けるのはもちろん歌詞の暗譜/HNの元ネタにしているレベル。
 
 そして、この曲は『涙がこぼれたら』とは違った意味での根柢、つまりアルバムではなくTHE BACK HORNの根底が歌われている曲であると思う。
 
 それは後述するとして、 
 まず何が良いってまず音楽がべらぼうに良い!
 よく聴くか自分で弾いてみればわかるのだが、ギターもベースも好き勝手に暴れまわっているのにあり得ないくらいに調和している。特に間奏と歌が終わった後のフレーズたちが最高の一言である。曲中に祭囃子という言葉があるのだが、ほんとそのイメージがピッタリである。この部分弾くときはいつもライブでの栄純を思い出して、全力で体を動かしまわって弾いてる。
 ギターで一番好きな箇所は4:18あたりのハンマリング&プリング。
 ベースで一番好きな箇所は1:27あたりのグリッサンドからの和音。
 
 歌詞としてはこれも分かり易い方で、仕事で故郷を離れた主人公が仕事の疲れと共に帰郷してみると、懐かしく優しい街並みに、
”今夜 夢じゃない ここにいるよ”
”こんなにまっすぐに笑えるよ”
 と生きる気力を取り戻す歌であると思われる。

 

 でも、それとは別に、先述したようにTHE BACK HORNの根底にある想い達がちりばめられているとも思っている。
 例えば、約束。
”明日は分からぬのに 人は約束をする 

  いつかまた会う日まで 生きる意志なのだろう”

 

 THE BACK HORNでの「約束」は生きる意志なのだ。*2


 そして、これは最近の曲でも意味は変わっていなくって、例えば『孤独を繋いで』の
”また必ず会おうぜ 約束は一つだけ”
 という一節のように、ライブに来た皆とまた会う「約束」をする事によって、皆に間接的に「生きようぜ!」と言っているのだと思う。


 そして、もう一つのキーは「等身大」な歌詞。
”世界中の悲しみを 憂うなんて出来ねぇさ”
”せめて大事な人が 幸せであるように”
 そう、彼らは世界中を救いたいと思っているのだけれど、同時に救う事が出来ないという現実も分かっているのだ。『世界中に花束を』も『ミュージック』等の曲も一見すれば世界を憂いているのだが、実はそれらの憂いも理想だと分かっており、だからこそ誰かに寄り添えるような等身大の歌になっていて心の奥深くまでつき刺ささってくるのだと思う。

 そういった意味で、この曲は等身大な生きることを約束した最初の希望の歌、そして応援歌だと思う。

 

 好きな歌詞は全部。
 あえて挙げるなら上記2つの根底とサビ。
 
 歌詞は絶対栄純。

『マテリア』

 音楽については、最高の一言。
 マニアックヘブンのDVD見て一発で好きになった。イントロで一発で引き込まれる。
 そして、夏草と同じくギターとベースが勝手に動き回っているのだが、後半になるとベースとギターのユニゾンし始めるなど掛け合いが素敵。
 ギター単独で言うと、間奏とか所々に私の好きな感じのアルペジオがちりばめられていて好き。
 あと、本作は将司さんの妖艶な声がいい。エロい。そして、真似して歌うの楽しい。コツは一切の恥を捨ててこの主人公に成りきる事。友人のV系の人からウケがよかったので、そういう奴の前で全力で歌ってみてほしい。
 
 歌詞についてはこれも分かり易い。

 一言で述べたように「燃え上がる一晩の恋」の歌。
 内容だけで言えばそれだけだが、しかし、この曲の歌詞の言い回しが秀逸なのだ。
”テーブルに咲いた ワインの花 誘惑の香り”
”ああ 出会いという 運命の美しい鍵は 

 そう 愛の消えた心までも こじ開けてしまう”
 THE BACK HORNの曲は大体声に出して読みたい歌詞が多いのだが、これはその中でも個人的にTOP10くらいには入る曲だと思う。
 この後の曲と違い、人前で歌ってもまぁ問題ないし、どんな気分の時でも歌うと高揚するので、歌った回数もかなり多いと思う。体感7割で歌ってる。
 
 歌詞のリンクだよ!
 ぜひ、見てみて!(スパム風)

http://j-lyric.net/artist/a0006e4/l013b7e.html
 
 好きな歌詞は、
”あぁ 幸せなど そう永くは続くはずないわ”
”ねぇ 狂おしくて 愛おしくて 抱きしめてほしい”
”もう夢でもいい 嘘でもいい 今夜だけは”
 この悟ったような虚無と強烈な求愛はどこか初期スピッツに似てるなぁと思った。あっちは2人だけの閉ざされた世界はあっても、一夜限りなんてものはないけど。
 
 歌詞は大穴で松田さん、本命で栄純じゃないかなと思う。
 恋系はなんか松田さんのイメージ。水芭蕉とかね。だからもしかしたら合作かも。

 

『ディナー』

 THE BACK HORN狂気の曲 四天王の1人。いや、八天王くらいあるかも。
 歌ったら間違いなく引かれる。と思いきや案外引かれない。会社のカラオケで歌わされたときは終わったと思ったけどなぜか好評だった。私の周りは何かおかしい。というかJoySoundに入っている意味がよく分からない。ここら辺の曲は初期勢の方々が頑張ってカラオケに入れたという伝説を聞いたことがあるのだが、ほんとによく通ったものだと思う。そして、一体誰に需要があるのか…私はこの壊れて取り返しがつかない感じが楽しいからたまに歌うけど。その点DAMは英断だと思う。たまに「あー、ない!」ってなるけど。
 
 歌詞は単純。
 美少女を監禁して、勝手に○意が芽生えて、それをブルースとか言い出すやばい曲。

 誇張表現は一切してない。ほんとにヤバいの一言。*3

 
 というのはもうわかっているので、見えない部分に切り込んでいきたい。
 
 この主人公は狂気に満ちているけど、何気に判断力は鈍っていない。きっと表ではいい人で通ってる本物のサイコパス
 

 で、そう感じたのは歌詞の
”悲鳴のフルコース 諸行無常のメロディー”
 の部分。諸行無常ということは、主人公はこの状況が永遠に続かないと思っているという事。それは、いつかは自らも滅びるだろうと思っていることに他ならない。
 この後の歌詞、
”神と正義が殺し合う世界で”
 を見るにこの主人公も表世界では何らかのトラウマを抱えているのではないかと思われる。
 
 そしてそのトラウマは
”足りない 足りない 骨までしゃぶりつく”
 を見るに、過去、愛されなかった故の反動で愛に貪欲になったんじゃないかと思った。だからもしかしたら歌詞中の「汚物」は本物の汚物ではなく「自分」の事なんじゃないかなぁとも思った。
 まあ、そのトラウマの発散先が監禁はダメだけどね。

 

 「「文学的に」」好きな歌詞は
”もう帰れない 天井裏は宇宙さ”
”あぁ 白い蝶々 調教したい美少女”
 開幕、たったこの2文だけで聴く人を一瞬で戦慄させられるのは本当にすごい。こんなんマニアックヘブン以外でやったら大物だけど、なんかやってそうだよなぁこのバンド。 

 歌詞は栄純一択。
 この歌詞を栄純以外が書いたとかだったらもはや笑う。そうだったらその人にどんどん書いてほしいレベル。

 

『夕暮れ』

 「さっきの曲はどうしたんだ!?」って言うくらい純粋な甘酸っぱい青春の失恋歌。新海監督と「君の名は」の裏で活躍したあの有能なアドバイザーが作ったらいい感じのアニメーションPVができそう。てか偏見だけど、新海監督、RADWIMPS好きならこの曲好きになる気がする。

 名前が出たので紹介しておくと、新海監督は放っておけばTHE BACK HORNより救いのない映画作り出すので恐ろしい。THE BACK HORNの大体の曲は受け入れられたのに『秒速5センチメートル』はトラウマになった。
 

 閑話休題
 音楽としては、明るいけどどこか寂しさを感じさせる漢字が歌詞と相まって最高に良い。まさに夕暮れのイメージ。『光の結晶』も夕暮れ時ではあるけど、それとはまた違った色の青春だと思う。

 ギターと将司さんの切なげな張り上げ声が心を揺さぶる。とてもいい。
 

 歌詞は簡単かと思いきや案外難しい。
 簡単に説明すると元カップルの片割れがもう片方の面影を探したり追いかけたりして、会いたくなって情けなくなって、夕焼けの中、道端に転がって泣いた話。
 
 で、色々考えていく。まずカップルのどっちか。
”柔らかな その肌や 優しさも”
”俺達だけの秘密だった”
 のイメージから考えるに、男の方が主人公だと思われる。
 ただ、難しい所はこのカップルがどういう風に別れたのかがはっきりとは分からないところ。直接的に言うと、死別したのか純粋に別れたのかが分からない。
”交差点や駅のホーム お前がいるような気がした”

”忘れてしまうよ いつかきっと”
 を見ると死別してそうなのだけれど、


”星に願いをかけた夢さえ 信じることもできずに”

”綺麗になんか生きれねぇさと 唾を吐いて”
”純粋になりたかった”


 という所を見ると、自分が原因となって別れたようにも見える。まあ”会いたくなって”ってあるし、きっとただ単純な別れかな?
 
 そして、『マテリア』と同じく言葉選びが秀逸。『マテリア』は妖艶な綺麗さだったが、こっちは
”電車に乗る真昼頃 橙と青が交わって
 天国を作る時間がある 俺たちだけの秘密だった”

 の様にノスタルジックな感じの綺麗さとなっている。

 ちょっとした漫画みたいで面白い歌詞だから暇だったら見て!(スパム風)

http://j-lyric.net/artist/a0006e4/l013b80.html

 
(全然関係ないけどネットにはそこら中にリンクチェッカーみたいなのがあるので、こういうの踏む時はそういうツールを使って自衛がおすすめです。ほんとスパムには気を付けて。まあでもそういうツールにもウイルスあったりするけど…)
 
 好きな歌詞は上でノスタルジックな感じと紹介したやつ。”俺達だけの秘密だった”が、夕暮れ時に声をひそめて笑い合う学生のカップルを想起させて好き。

 あとは"会いたくなって 切なくなって 情けなくて泣けてきた 夕暮れ”。この心情と情景描写こそ青春って感じがする。一枚絵になりそう。

 

 歌詞は松田さんだと思う。こういうのはあの人の独壇場でしょ。

 

世界樹の下で』

 シングル第2弾。ここまでいっぱいシングルが入ってるアルバムも珍しいような、と思ったら意外と他のアルバムも3曲入ってるの多いのね。
 

 音楽として。
 とりあえずイントロのギター大好き。
 静かな感じからコードかき鳴らして、しばらくすると急に落ち着いてバクホン特有の変なコードのコードアルペジオが来る流れがとても好き。ギターをしばらくやってないけどいまだに大体ギターは弾けるくらいには好き。ベースから曲を好きになることが比較的多いのに、この曲のベースにはピンと来てないって事はあんまり目立ってないのかな?
 そんな感じ。
 
 歌詞。
 THE BACK HORNの1つのテーマ「死」を題材にした曲。『コバルトブルー』と同じく恐らく戦争もので、命が軽い世界観の中に生きる主人公には、
”ああ 僕らは作られた 自由を知らずに泳いでる”
”さあ 帰ろう むせかえる野バラと 讃美歌の降りそそぐ街へ”
 の様に現状への諦観と自棄っぱちさが見うけられる。
 
 ストーリーとしては正直よくわからない。
 世界樹が何なのかもよくわからないので、もしかしたらファンタジー寄りの内容なのかもしれない。
 そう考えると全力で妄想を膨らませれば分かる気がする。

 とりあえず世界設定として、世界樹(=星の命)をめぐる争いをしていて、主人公は世界樹を守る側の人間でありそう。そして、その使命として相手を殺すことに疑問を覚えている感じかな。
 だからこそ、
世界樹の下で若き兵士が 愛しきものを守るため
 殺し合うのは 美しい事だと 本当に言えるか”
 と言っているんだと思う。

 

 そして後述の
世界樹の下で 人を愛する気持ちを知った夜
 罪を犯して 触れたその場所から悲しみが溢れてた”
 は主人公が敵側の人に恋をしてしまって、「世界樹の下で逢いましょう」と言われて、ダメだと知りながらも恋心そして、「彼女なら大丈夫」と信じてしまって世界樹に案内したら、彼女が世界樹を破壊した感じかな?
 
 だからラスサビは
”青く燃えゆく 世界が最後の恋をしている”
”鼓動を早めて 星がいつかは命を貫き”
 みたいに星の崩壊を匂わせる言葉があって、そして最後に主人公の回想として、
”みんな幸せな星座になれたら”
 かな。

 

”本当は誰もが”
 と主人公が言い残したのは世界樹を壊した彼女も本当は主人公に恋をしていて、犯してしまった罪(主人公を裏切る事)の重さに耐えることができずに泣いていて、それを主人公が見たからこそ出てきた言葉かもしれない。

 

 好きな歌詞は ”本当は誰もが 思い描けるさ”

 多分「等身大の幸せな世界」。「等身大」と思うのは『涙がこぼれたら』のC/W『ガーデン』で「永遠の愛が降り注ぐ 平等で幸せな世界」をおそらく否定していたから。

 

 それにしても、ファンタジーな歌詞って珍しい気がする。珍しい気がするとか言いながら後述の『ぬくもり歌』もそう考えてるけど。
 作詞は、命の尊さとかそういったものを含めているから栄純な気がする。

 

『ぬくもり歌』

 アルバムの締めだけあって、ゆったりとしながらもどこか壮大さを感じさせる曲。
 
 初期勢には賛否両論あったらしいけど、私はかなり大好きな曲。
 
 音楽としては、ベースソロから始まる等、ベースがかなり目立っている。
 そして『生命線』の様に、徐々にメロディーが増えていく盛り上がりをみせていく系の曲。特に2番Aメロの歌とユニゾンしてるギターがエモい。間奏のベースとギターの掛け合いみたいなのもいい。最後のギタートレモロもいい。
 そして何より歌がいい。全体的に優しいのだが、後半、自分の使命を思い出した辺りからの切なげな張り上げのロングトーンがとても綺麗で好き。音程が高いうえに特殊な歌い方だから喉に滅茶苦茶ダメージを受けるけど。だからこそ、『夏草の揺れる丘』とこの曲はきっとこの先ライブでは、なにかの奇跡が起きない限り聴けないだろうなぁ。そういった意味であの時のアルバム再現ではこのアルバムが採用されて欲しかった…。でも、実際に聴いてたら興奮して倒れてたかもしれないからいいか。いやでも聴きたいな。今、マニアックヘブンVol6~11のセトリ確認してきたけど今年はワンチャンあったりしないかなぁ。(多分、夏草の方はストリングスの方で歌ってた記憶あるからもうない気がする)

 歌詞の話。

 これも世界観が難しい。
”段ボールの子猫 親は僕じゃない”
 という一節から考えるに、主人公は成人した猫?
 でも中盤で、
”ポケットしわくちゃの 出せないままの手紙”
 ってあるから何なのか分からない。
 

 ファンタジー路線を引っ張るなら、主人公は栄純がどこかで好きと言ってた記憶がある「ルドルフとイッパイアッテナ」のイッパイアッテナ的存在?
 分からない人向けに言うと、識字できるし人間社会のこともよくわかってる猫。あいつならポケット付いた服くらい着ること出来そうだしそういう存在かも。でも、イッパイアッテナ程完璧ではないからルドルフが成長した姿といった方が私の頭の中でしっくりくるかな。
 
 世界設定はガード下とかいう単語もあるし、現代っぽい所かな?

 そして、なんかよくわからない危険地帯がある。”行くな”と主人公に警句をくれる人物がいるのでそう思った。
 
 まあ、主人公や世界はそういう存在だと仮定すると、この曲の大きな流れは「君」が主人公を守るために、前述の危険地帯には「行くな」と警句をくれて、(おそらく代わりとして)そのままその危険地域に旅立ってしまっていて、主人公はその自分達を守ってくれているであろう「君」宛てに必死に手紙を書こうとしていた。

 でも怖くなって、なにも内容が思い付かなくって
”拝啓 僕は元気です”
 の一文だけを書いた手紙を抱えて、どこか自分と似ていると思った子猫と一緒に眠っていた。それはそれは心地の良い幸せ。でもその幸せの中でも、心のどこかで「君」の事は引っ掛かっていた。

 そして、夢のうつつの記憶の中で「君」が旅立った日がフラッシュバックして、どこかで逃げていた自分を思い出して
”目を覚まさなくちゃ 行くべきところがある
 失くせない想いを この胸に抱きながら”
 と、何ができるかは分からないけど、でも危険な場所にいる「君」の所に会いに行く、といった葛藤と成長の歌かな?

 勝手に考えたストーリだけれども、この主人公の決断が必ず状況を好転させるとは限らないリドルストーリーになっているのが素晴しいなと思った。

 まぁでも最後のギターの切なげなトレモロを聞くに、この何かを守ってる組織としては知らんけど、「主人公」と「君」の結末は例え死が待っていようとも、2人にとって満足した未来になったんじゃないかと思う。


 好きな歌詞は上記した“目を覚まさなくちゃ“の部分から全部。

 "失くせない想いを この胸に抱きながら"

 私はこういった溢れ出した想いに弱いのです。

 

歌詞は栄純かな?

これも本当に猫と寝たんじゃないかな? 流石に風評被害か。

 

【アルバム全体/書いた後の自分の思想】

・いつもの様にTHE BACK HORNのテーマ「生」や「死」、「葛藤」などの共通テーマはあったけれども、このアルバムとしての一貫したテーマ性というのは私には感じ取れなかった。難しいね。

 でもやっぱり『心臓オーケストラ』ではあると思う。様々な物語の「命の輝きを灯した鼓動を鳴らしたオーケストラ」。

 うん。やっぱりそれが私のこのアルバムへの答えかな。

 

【あとがき】

・見返してみたけれど、前回の記事(太陽の中の生活レビュー)よりもさらに妄想度合いが全開でしたね。最後らへん、ファンタジーとか言い出しましたからね。まぁTHE BACK HORNは1曲1曲にドラマ性があって楽しいから仕方ないです。「こういう捉え方もあるんだ」程度で見てください。

・基本、一曲を書いている間はずっとその曲リピートしているんですが、やっぱり何回聴いても色あせないですね。おそらくメンバーの葛藤から生まれた曲たちなのですが、生まれてきてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです。

 ありがとう。

 

 

*1:小説版はアニメ絵からは考えられないほどヘビー。逆にアニメ版は原作の雰囲気を保ちつつも少し柔らかめな表現なので、アニメ→小説の順を推奨

*2:そこらへんは太宰の『葉』の最初の一節(青空文庫リンク)を感じる。栄純はああ見えてガチの哲学とか文学とかを知ってそうなので、こういうのが蓄積して出てきた言葉何じゃないかと思った

*3:これと『ジョーカー』は史実じゃないよって公言してたけど史実であってたまるか

【メモ】思い付いたことまとめ

 

【前書き】

 唐突に変な思い付きをすることがある。そして、そのときは「天才じゃない?」ってぐらい爆笑するんだけど、大概すぐ忘れるし、メモ代わりにTwitterに呟いても記憶の果てに行ってしまう。

 という事でここに書き示そうと思う。

 そして、多分私はこの案の3/4も実現しないので、おもしろそうな事があれば実現してみてもOKです。その場合、単純に私がみたいので報告あると嬉しいです。

 

【内容】

■DDLC(ドキドキ文芸部)の登場キャラクター「モニカ」のプログラミング言語をつくる。 2018/6/2

・雑記

 圧倒的二番煎じ感。

 なんかHello worldをもっとも早く表示できるために作られた言語とかありますよね。ああいうネタに走った感じで。

 動機は3周目で放置してたらモニカが永延としゃべり続けるのをみて、こっちからも話題振りたいなぁとか思ったから。おや、なんか壮大なプロジェクトになってきた。

 ただし、現時点での私のプログラミング言語をつくる能力は皆無なので絶望的にしなさそう。

・構想

 モニカは作中で多分Pythonを使ってるので、中身はPythonで作りたい。

 Pythonだったらスクリプトなので、対話型のインターフェースにしたい。「対話型って、スクリプト言語の生まれた意味を否定するのでは…」とかいう疑問はなしで。

 いまさらながらswift等でUTF-8入力できる(≒日本語入力できる)とかいう機能が私個人的に衝撃を受けたのでそれも取り入れてモニカと対話してるような感じで。

 あれ、しかしあのりんなちゃんも正確な言語解析は出来ないような…。これ、多分本当にできたらMicroSoftに入ったほうがいいと思う。

例 定型文形式

>モニカ「なにかお話ししましょう?」

>os.remove("C:/DDLC/charcter/monika.chr")していい?

>モニカ「もう、ひどいな。あなたのPCはLinuxかしら? なら「rm -rf /」しようかな」

※本家リスペクトの置き換え。例えば「もう、ひどいな。"ユーザ名"のPCは"PC名"かしら? なら"それぞれのOSに沿った破滅コマンド"しようかな」

>ごめんなさい

>モニカ「あはは、冗談よ。でも冗談はTPOをわきまえたほうがいいわよ♪ わたしはあなたが心を開いてくれたみたいで嬉しいけれれどね♪」

>モニカ「ねぇ、もっとお話ししましょう?」

みたいな

二次創作した方が早いんじゃ

 Just Monika.

 

■バーチャル秘書


マネジメント、日程管理、法律系のデータベース問い合わせ等

【レビュー】今までふれたシェアウェア【ゲーム】

■前書き

 フリーゲームって面白い。

 そして、大抵おもしろいフリーゲームの作者が作成したものはおもしろい。

 そんな感じで作者追いをしているといつのまにかシェアウェアに手を出していた。

 というわけで、いままでプレイしたシェアウェアも紹介して行こうと思う。内容的にR18もあるけれど、そういうゲームにはチェックマークをつけておくのできらいな人は飛ばしてください。

 

※見方

☆ 超おすすめ 

○ すごいおすすめ

■ おすすめ

・ 普通

- 何らかの理由で最後までできなかった or 途中 

 

※作者の嗜好傾向

・周回は滅多にしない。別の結末を見る事にもやもやするから。

 また、ハッピーエンド好きなので、情報を見落とさないようとにかく慎重に進む。

・Wolfのスピード感が好き。

 RPGツクールなら雰囲気含めて2000、2003、VXace、MVが好き。

・苦手ジャンルはホラー・アクション・ADV。プレイしてるのを見るのは好き。

 

■目次

 

■紹介

・もぐらゲームス

  フリーゲームシェアウェア(インディーゲー)に関わるものを紹介しているサイト。多分ここにたどり着いてる人はすでにご承知のはずですが、一応。

www.moguragames.com

 

 

■やったゲーム一覧

・エリィのアクション

評価  並
時間  中編
難易度 激

製作者 クリスタルソード(http://xtalsword.jp/

playism.jp

・アクション&ギャグ&死に覚えゲー。終始笑いながらプレイしていた気がする。
・ある条件下で倒されるとエリィのパンツが見られるのを最後付近に知った。ドットのこだわりを感じた。

・エリィの動きが可愛い。
・GB版のマリオチックなステージをオワタ式で冒険する女の子のやつ。と思いきや最後には…。

ダウンロードページ:

エリィのアクション| PCゲーム、インディーゲームならPLAYISM

 

○グレナサクリファイス ver1.11

評価  高~激
時間  短編×繰り返し
難易度 高

製作者 ud(魔法装飾図

・ノーフィルド一本道リソース管理RPG。wolf製。

 フリーゲーム「ロードライトフェイス」の続編的なもの。

・本編より職業が増えていて、そしてラスボスがとてつもなく強かった。

 面白さは相変わらずハイクオリティだったので、もっとあの世界観で色んな冒険がしたかったり、単純に投資をしたかったらどうぞ。

 グレナサクリファイス

 

○ [R18] SEQUEL blight

評価  高
時間  長編
難易度 低

制作者 はきか(GAME GEOMETRY

・女の子と探索するえっちいRPG。VXAce製。

 えっちぃので薄くしておく。

 製作者はフリーゲーム「Liberty Step」の方。

 とりあえず体験版をしたら、冒険している没入感はそのままで、さらに職業ごとのスキルツリーシステムがあって、それに思った以上にはまってしまったので最後までプレイしてしまった。はぐメタ的な鳥を狩りまくってLv.99からのLv.1への転生(能力値が底上げされる)もしまっくった記憶がある。

 

○UNDER TALE

評価  高
時間  中編(EDを全て見たい場合は×3)
難易度 高

製作者 Toby Fox(UNDERTALE

・雰囲気を楽しむ系ボスと皆仲良くなれる一本道RPG。個人製作。

・いまさら私が説明するのもあれですが、戦闘システムは特殊でコマンドバトルとシューティングとイライラ棒を組み合わせたようなシステム。

・そしてなんといっても、このゲームは市場に溢れているゲームに対するアンチテーゼのようなものを含めており、色々考えさせられるゲームであるのが特徴。

 また、細かい小ネタが多く、知れば知るほどそんなに凝っていたのかとにやにやさせられる。

・私はGルートはいけなかった。一番最初のプレイ時にママを倒しただけで心が非常につらいことになったので、どう考えてもいいヤツであるパピルスやメタトンを倒せる気がしなかったので…。(動画も怖くて見れていない)

・本作は音楽が全体的に神がかっていて、私は特にメタトンEX戦のDeath by Glamourがとてつもなく好き。

 

○マッドプリンセス 華麗なる闘士たち ver1.05

評価  高
時間  長編(20hくらい)
難易度 並

製作者 あとら(あとらそふとblog

・闘士育成&冒険RPG。wolf製。

 フリーゲーム「マッドプリンセス」の世界観を引き継いだ作品だが、前作をプレイしていなくてもわかる様になっている。(ちなみに、フリーゲームの方にレビューが無いのはクリアしてないから。この方のフリーゲーム「暗黒の迷宮」もおすすめ)

 追記:マッドプリンセス、クリアした。よかった。(2018/5/28くらい)

・この人のゲームは全ての操作がクリックで完結しているので、とても手軽に操作できて便利ですごい。本作は過去の操作性やUIをさらにブラッシュアップされていて、一旦EDまではストレスフリーでプレイできた。

・ただ、現時点のVer1.05では致命的ではないけれどもバグも多少見られるためもう少し待ってプレイするのもいいかも。

 追記:上記は特定のキャラ(アテナ)のストーリーが進まないことを怪しんでの記述だったのだけれど、やはりバグだったらしい。(断言するには情報が少なかったので報告をひよってた)。最新版では修正されているらしいので、そろそろプレイしても大丈夫かも。

・フリーシナリオで、キャラクターと仲良くなっていくとサブストーリーが発生する。そのストーリー一つ一つが楽しくって、さらにキャラクター数も20人くらいいてやりこみがいがあって楽しかった。

 参考ページ

フリーシナリオRPG『マッドプリンセス-華麗なる闘士たち-』DL販売開始 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス – もぐらゲームス

 

○MagicScrollTactics ver 1.04

評価  高
時間  中編(15hくらい)
難易度 高

製作者 オートリ電子(同人ゲームサークル オートリ電子

・サイドビュー戦術SRPG。平面ではなく高低差があり、高さによって攻撃の優劣が決定してくるため立ち回りを考えるのがとても楽しい。

・ストーリーの概要は、召喚士の主人公が、なんかめっちゃ悪い魔法使いが閉じ込められた島に来て、なんやかんやあって封印の巫女に協力する話。

・絵もとても丁寧につくられていて視覚的にも良い感じだった。個人的には犬の倒れたときのドット絵がかわいくて好き。頭なでなでしたい。

・ゲームバランスとしては、新しい面に行ったら強い装備が販売される感じの調整の仕方だったため少しだけ残念な気持ちになった。また、魔法使いは柔いわりに、魔法の範囲がやたらトリッキーであったり、下方向への攻撃ができる魔法が(気づかなければ)終盤までないため、魔法使いの運用どころが難しかった。私は終始レイズを唱えるサブヒーラーとして活用していた。

・まあ、こんな感じで不満点をいいつつも、ぶっ通しで最後まで「あれじゃない、これじゃない」とのめりこんでいたのでけっこう楽しんでいたのだと思う。ちなみにラスボスなんかより、最後らへんのサブステージ(封印の神殿3)のユニークモンスターがでる面の方が遥かに難しかった。全編通してここだけ詰まってしまってレベリングをした記憶がある。でも強いなりにレアアイテムも手に入れてほくほくだったので、クリアしたときの達成感はすごかった。

 値段もお手頃なのでおすすめです。

参考ページ

フリーシナリオRPG『マッドプリンセス-華麗なる闘士たち-』DL販売開始 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス – もぐらゲームス

マッドプリンセスと言い、もぐらゲームスさんを直接見た方がいいきがしてきたとか思ってるのは内緒。

 

 

○ACDC ver1.01

評価  高
時間  人による。
難易度 人では無理かと思った位には難しい

製作者 Space not far(ACDC - Space not far - BOOTH

・一本道ノンフィールドリソース管理厳しめの死にゲーRPG

・ストーリーは簡単で、ACちゃん、DCちゃんが地下世界から脱出を図る物語。

・ほとんど出番なかったけど、私はDCちゃんの快刀乱麻的荒々しさが好き。それにしてもACちゃんは「何も○せない性格」の割に無茶苦茶○してたような…

・サークル(?)は、天使心母・ムスペルの製作者の方々。この二つも中々マゾゲー要素強めだったが、これが本気なのだと畏怖した。

・死ぬごとにTipsや世界設定、人物紹介が増えていくのは斬新だった。

・本作の特徴はEm(感情値)という項目。装備品の識別にもこれを使うし、装備品の購入にもこれを使う。また、この値に達していないと技が使えない。逆に達していれば消費することなく何度でも使える。また、このEmはほとんど回復手段がない*1ため、リソース管理能力が問われる。

・クリア記念。46回死んだらしいので、クリアしたときはほんとガッツポーズするくらいうれしかった。「約束」の効果も切れてたのでボスが行動を誤らなければ死んでた。

 ちなみに最初特典は反応値+2。多分これが一番簡単。f:id:nanatsumisou:20180610214832p:plain

 ・マゾゲーは得意ではなかったけど、買った手前最後までやり通したかったのでプレイしたけど、達成感がすごかった。というかこれを書いている現在進行形ですごい。

(余談だが、私はこのサークル(?)の作品でもう一本『泥のガラドリエル』とかいうマゾゲーを購入して半分までどうにかたどりついているのだが、果たしてクリアできるのだろうか…)

 

 

*1:ほんとは結構あるけど、試行錯誤するのも楽しみなのでここじゃ書かない。それに気が付いて2週目を最初からしなければクリアできなかった